FC2ブログ

4月例会俳句部門結果+ネットフォト句会の予告

 政府からの自宅での自粛要請が続く中、皆さんにおかれましては、それぞれに工夫を凝らした自粛生活をなさっていらっしゃることと思います。くれぐれもご注意をなさって、新型コロナウイルスや、またストレスから来る体調不良などから御身をお守りください。

 2月例会に引き続いて4月例会も中止を余儀なくされましたが、ネット上で熱く盛り上がりました。
 俳句部門の投句及び選句にご参加下さいました方々に、御礼申し上げます。
 それでは、以下に俳句部門の選句結果を発表致します。

  <4月例会俳句部門 投句13名 選句13名>
   [兼題=春愁・春かなし]*順不同(敬称略)/カッコ内 特➡特選 並➡並選 得票数及び選者名

 人恋しふるさと恋し春かなし・・・幸恵(並2舜水・船橋選)
 春愁のピエロ浮かべし微笑かな・・・耕人(特1ふらり選)
 先見えぬまま春愁の都市機能・・・川崎(特1舜水選)
 春愁を裏返してはまた憂ひ・・・笑子(特4千賀子・川崎・みすず・幸恵選 並2耕人・悳子選)
 春愁や我が青春のグラフィティー・・・ふらり(並1春旭選)
 ワクチンの待たるる世界春かなし・・・舜水
 春かなし静寂(しじま)の中をただ散りぬ・・・ミズキ(特1悳子選 並1千賀子選)
 春愁(はるうれひ)知恵の輪解けぬだけのこと・・・春旭(特4耕人・笑子・船橋・たんと選)
 春愁をまとう今宵の髪を解く・・・みすず(特1ミズキ選 並3ふらり・笑子・たんと選)
 春愁や痩せ我慢またひとつ増え・・・船橋(並2みすず・幸恵選)
 春かなし薄き埃の備前猪口・・・千賀子(並1川崎選)
 大仏の慈顔に春の愁いあり・・・悳子
 風の日の遠き汽笛や春愁い・・・中村(特1春旭選 並1ミズキ選)

 以上、4月例会俳句部門の結果を掲載しました。
 今回は新型コロナウイルスの蔓延で、本当に「春愁・春かなし」の兼題がピッタリになってしまいましたね。。
 何句かコロナを詠んだ句が寄せられたのも、分かるような気が致します。

 *次回6月例会の兼題は「当季雑詠(夏)」です。夏の季語なら何でもOKです。
 皆さん、今の内から頭をひねっておいて下さい。今回以上のご参加及び秀句の数々を期待致しております。

 *各句に対しての感想や気になった句への感想その他などございましたら、何でもご自由に下記のコメント欄にお書き込み下さい。
 6月例会こそは、新型コロナウイルスが終息して、皆様とお会い出来ることを願って止みません。




         <第9回ネットフォト句会の予告>
 
 *近日中に、恒例の第9回ネットフォト句会を開催予定です。
  今回は、母の日や父の日が近いこともありますので「父・母」をテーマにしたいと思っております。
  詳細は後日あらためて当ブログにアップ致しますが、とりあえず「父や母」をテーマにした作品を念頭に置いていて下さい。(お楽しみに)

Tag:例会  comment:3 

4月例会作品 その2 舜水

AFB5BB5E-A2F3-4619-A921-51417F5085BE.jpeg


巣ごもりの解かれぬままに春逝けり 舜水

政府と東京都の外出自粛要請は 新型コロナウイルス感染症の克服をわれわれに 責任を転嫁しているかのようです
真面目に巣ごもりしているのに 巣ごもりを解く基準や時期を政府は発表していません いらいらします
年寄りにとって 来年の春は迎えられるかどうか 保証はありません
わたしにとって 今年の春は ほんとうに貴重だったのです 

Tag:例会  comment:7 

4月例会作品  春旭

 新型コロナウイルス騒動の中、皆さんお変り無くお元気なご様子で安心しました。
 2月例会に続いて、4月例会も中止になるとは思わなかったですね。
 6月例会は、皆さんとお会いできることを祈っています。

 ★4月例会俳句 兼題「春愁・春かなし」の写真付き拙句

  知恵の輪
  春愁(はるうれひ)知恵の輪解けぬだけのこと  春旭  

 4月俳句部門の選句欄の作者名公表にもコメントを入れましたが(詳細はそちらをご覧下さい)、春の愁いなどは、そんなに深刻なものじゃない。所詮、知恵の輪が解けないぐらいの些細なことだよ。 という、あまりベタベタしない句意でした。
 写真は、古河公方公園内にある藤の古木。写真には写っていませんが、左側に蔦が輪になってブラリと垂れ下がっているところから、当公園では「ブランコの木」の愛称がついています。この古木の絡み具合から、「知恵の輪」を想像しました。見立ては成功しましたでしょうか?




 ★4月例会フォト575作品

  君子の気の弛み
   のどかさに君子(くんし)もすなり気の弛み  春旭

 あまりの春の長閑さに、つい不覚にも粗相をしてしまった(汗)。という、皆さんの格調高い力作に続けてアップするのも憚られる様な品の無い作品でした(汗)。
 猫の左にある黄金色の分身?が、気の弛みの証拠です。それは何か、敢えて解説するまでもありませんよね(苦笑)。
 猫の前にある紙は、実際にはプライスカードで「金猫 ¥1000」と書かれていました。その部分だけ「どうするべ~!?」と猫の心の叫びを当地訛りに翻訳の上、私が加工して付け加えました。
 *今年の春は、皮肉なことに穏やかな行楽日和が続いていますね。しかし、憎き新型コロナウイルスはまだまだ収束の気配を見せていません。つい気候の良さに誘われて、ふらりと不要不急な外出などなさって不覚を取ること無きようご注意下さい。

Tag:例会  comment:6 

4月例会俳句部門の作者名公表のお願い

 皆さん、4月例会フォト575作品のアップをありがとうございます。
 引き続きの作品アップと、それぞれへのコメントをお願い致します。
 
 また、昨日選句を締めきりました俳句部門の、今度は各作者名の公表もお忘れなくお願い申し上げます。
 選句して頂いた方への御礼コメントや、詠まれた句の句意などを俳句一覧表の記事の下記コメント欄にお書き込み下さい。
 作者名公表締め切り日は5月3日(日)です。(後日選句結果を発表する都合もありますので、なるべくお早くお願い申し上げます)

Tag:例会  comment:0 

4月例会作品

暮れの春2

  昭和へとタイムスリップ暮れの春

 奥多摩の入り口「青梅」
2.3年前に訪ねた青梅の町は昭和レトロに溢れていました。
駅舎もレトロな設えで、地下通路には古い映画看板が飾られ、
又、「猫の町」らしく町には猫のパロディ看板も多く
4月のネット句会にあげた「極道の猫(にゃあ)たち」など
誰もが知っている映画のパロディ看板もそこかしこに掲げられています。
ところが、
老朽化や諸々の事情で大型看板は撤去されてしまったとか…。
まだ幾つかは残されているらしいが、再訪できるのは何時になる事やら。
コロナ禍の早い終息を願うばかりのこの頃です。


青梅


cats.jpg


  皆様もくれぐれもご自愛くださいますように
  又、お目にかかれる日を楽しみにしております。

Tag:例会  comment:8 

旬の花時計 V2
カウンター
プロフィール

銀座フォト575

Author:銀座フォト575
偶数月 第3日曜日 京橋区民館
写真に575を詠んで楽しむ会です

検索フォーム
QRコード
QR