FC2ブログ

ゲートブリッジ    みすず

ゲートブリッジ
夕刻のゲートブリッジです・・・
ちゃちゃの散歩に時々行きます、家から車で3~40分のお台場、ゲートブリッジは
最高の散歩コースです・・・

これから東京オリンピックに向けてこのあたりはいろいろな工事が始まるのでしょうが
今は静かにその時を待っているかのようです。
芝生に座って眺めていると大きな船が橋の下を通り抜けて行きます、ユリカモメや水鳥
もいて何時間眺めていても飽きない大好きな場所です。

Tag:未分類  comment:4 

琵琶湖   みすず

十月の湖2
16日~18日まで琵琶湖にタナゴ釣りに行ってきました・・・
2年ぶりの琵琶湖、いつもの釣り場、いつも車中泊する広場も変わらず
優しく迎えてくれました。

釣果は本湖では風が強くて釣れませんでしたが本湖に流れ込む川や池
での釣りは最高でした、久しぶりに竿から感じる魚の動きに心が躍りました。

何匹か元気そうなタナゴを連れ帰りました・・・今朝も家の水槽で活発に餌
を食べ泳ぎ回っています・・・

句は夕陽を撮っていたら独りでじっと湖を眺めている男性がいてその姿から
妄想して (^o^)作ったものです。

Tag:未分類  comment:4 

ジンタ   春旭

ジンタ
 朝晩は肌寒くなって来ましたね。そこで、一句!
 「ジンタ止みまたありふれた秋夜来る」   春旭

 田舎町で少年時代を過ごした私にとって、それこそたまにやって来るサーカス団興行は楽しみのひとつでした。
 まさに大イベントであり、イリュージョンでありました。勿論、なけなしの小遣いをはたいて見物もした訳ですが、それだけでなく興行期間中その前を通るだけで、わくわくドキドキ大興奮したことを今でも懐かしく思い出します。
 しかし、ある日突然サーカス団は何処かに去って行ってしまいます。華やかだったサーカス小屋は撤去され、元の空き地がそこにあるだけなのです。非日常が消えて、また元の日常に戻ってしまった時の喪失感は子供心にもやるせなく思えました。
 だから、サーカスに流れるジンタは物悲しい雰囲気の曲が多いのかも知れません。

 この作品は移動サーカス団の思い出を共有出来ないと成り立ちませんね。特に「ジンタ」をご存知無いと・・・。
 
 因みに、この撮影場所は銀座(すずらん通りだったかな?)にあった飲食店の小さな看板です。
 さすがに銀座なので人通りが多くて、人気の無い雰囲気を出すのに苦労しました。

Tag:未分類  comment:8 

今回俳句の作品化   春旭

夜行便
 10月例会の俳句
 「秋深し思慕載せきれぬ夜行便」   春旭
 浩助さん、ふらりさん貴重な一票をありがとうございました。
 
 これに、写真を付けてみました。
 狙いとしては北へ行く雰囲気を出したくて、夜行寝台列車「北斗星」を被写体にしようと考えました。
 近くの人気も無い踏切でスタンバイしていたのですが、前もって綿密に時刻表を調べておかなかったことが祟り、
 無念にも撮り逸れてしまいました。仕方なく、普通電車をぶらして撮って代用となりました。
 皆さん、「北斗星」だと想像なさってご笑覧下さい。

 典型的なベタ付き先句後写になりましたが、皆さんもやってみられたらいかがでしょう?

Tag:未分類  comment:2 

10月フォト575例会作品


ムービースタイル「俳句」で10月例会作品集を作ってみました。写真を出した後に句をアニメーションで出すようにするにはこのタイプで作ることになります。京子さんの作品のように画像の後句が出るようにするには、画像のみ添付してもらい、句は別に本文に入れてメールで送ってもらうことになります。 (伊都子)

Tag:例会作品集  comment:6 

銀座フォト句会 俳句勉強会の部・出句一覧(2月~10月)

浩助です。
今年に入って2月からの俳句勉強会の記録5回分をまとめてアップします。
今後はできるだけ例会後に毎回アップするようにしますのでよろしくお願いします。
なお、俳号を使用しておられない方はとりあえず下の名で表記していますが、
これを機会に俳号を作られたらいかがでしょうか。
こうやって一年近くを通して眺めてみると、各人の句風や個性がよくわかりますね。
それにしても晃也さん、「…桜北上鼻毛抜く」以来、傑作が続きますね!   

<10月例会/平成26年10月8日(水)・投句8人>
【兼題=秋深し】※順不同/カッコ内は得票

秋深し窓辺にて聴く風の私語…晃也(6)
友が逝く遠くへ遠くへ秋深し…舜規(3)
秋深し思慕載せきれぬ夜行便…春旭(2)
秋深し手漉きガラスに赤滲む…ふらり
仏蘭西の水を買い来て秋深む…浩助(1)
秋深し空一面の紅(くれない)に…伊都子(1)
温度計上がり下がりや秋深む…みすず(1)
秋深し秘湯巡りのフルムーン…京子

<8月例会/平成26年8月6日(水)・投句9人>
【兼題=鳳仙花】※順不同/カッコ内は得票

子を産みに子が戻りたり鳳仙花…浩助(4)
鳳仙花幸せだった頃の音…ふらり(1)
蝉の羽化一夜見つめし鳳仙花…京子
鳳仙花白さほのかに倖ふくみ…舜規
野良仔猫育ちて散らす鳳仙花…みすず(3)
鳳仙花夕暮れの路地点しおり…伊都子(1)
種吐いてよりの孤独や鳳仙花…晃也(5)
鳳仙花君だけついてくれた嘘…春旭(2)
鳳仙花園児のはしゃぐ声高し…邦彦

<6月例会/平成26年6月4日(水)・投句10人>
【兼題=田植】※順不同/カッコ内は得票

連山を背に安曇野の田植唄…晃也(2)
田植終え彼奴明日より花火師に…義久(5)
蛭に泣く疎開の頃の田植かな…舜規
四方の山映して田植始まりぬ…みすず(1)
田植終えざんぶりと湯を溢れしむ…春旭(4)
逆さ富士映しシャンシャン田植唄…京子
あまたみな善き人に見ゆ田植かな…浩助(3)
田植終え映りし富士に草生ゆる…ふらり
朝未だき田植支度の影ひとつ…邦彦(2)
水の香の風の来れる田植かな…竹馬(1)

<4月例会/平成26年4月9日(水)・投句12人>
【兼題=桜】※順不同/カッコ内は得票

島国を桜北上鼻毛抜く…晃也(3)
一病の癒えて桜花の時季と知る…春旭(2)
舟唄の響く谷間や桜舞う…ふらり(1)
終列車揺らすホームの八重桜…義久(3)
満開の桜を見かけ途中下車…晃也(1)
どの子にも桜のシャワー新学期…京子(1)
はんなりと話すお方や桜餅…竹馬(5)
桜餅ほのかに匂う指の先…みすず(1)
この佳き日桜吹雪に送られて…飯塚
里山は朝日の棚田夕桜…邦彦
桜花てふ特攻機の名ありしこと…浩助(1)
手を引かれくぐる校門桜舞い…伊都子

<2月例会/平成26年2月12日(水)・投句12人>
【兼題=風花/片栗の花】※順不同/カッコ内は得票

風花やふわり舞い込む露天風呂…みすず(2)
風花やおつうの去りし空仰ぐ…春旭
風花や訛行き交う能登の市…京子(5)
風花や命短きこと知らず…義久(1)
追憶は白き闇より風花す…竹馬(4)
風花日老いるふたりは寄り添いて…舜規(1)
風花や受験に急ぐ子らに舞う…伊都子
風花を見上げる美人今日は吉…飯塚
風花の消えゆくまでの浮世かな…浩助
片栗の花も手鏡覗き込む…邦彦(4)
かたくりの花の咲く丘佐渡の風…ふらり
片栗の花の嫉妬や艶の色…明

Tag:例会  comment:3 

10月例会出品作品2  浩助

秋深し私は何をする人ぞ
今月の俳句勉強会の兼題でもあった「秋深し」。
これで作った戯れ句に江ノ島で撮った亀の写真を付けたら
トボケたマイペースなイメージと相まって、自分の中では割としっくり。
皆さんも、近頃こんなことよくありません?
たとえば上五を変えて
  部屋へ来て私は何をする人ぞ
…なんて、隣の部屋で呆然とたたずんでしまったり(笑)。

でも、ホントはこの作品、人間存在の深い根本のところを
テツガク的に掘り下げたかったんです(…なんちゃって)。

Tag:未分類  comment:4 

10月例会出品作品1  浩助

海峡を空母の往くや秋麗
ここ数年なんとなくキナ臭くなってきそうな東シナ海。
愛犬とくつろぐ平和な日常の遥か彼方で起こるかもしれぬ非日常…。
その二つをぶつけてみたらどんな香りがするかと、合わせてみましたが、
できれば杞憂に過ぎてほしいと、心から願っています。

Tag:例会  comment:3 

Digibookのアップテスト2(ふらり)

Tag:未分類  comment:5 

10月作品集 (伊都子)

Upされている10月作品でデジbookをUpしてみました。
BGM付きスライドショーもできますが、左右の三角をクリックしてゆっくり見たいと言う方が多いのでBookタイプにしてみました。真ん中の「フルウィンドウで見る」をクリックして大きな画面でお楽しみください。ふらり様、レッスンで使用しているデジbookの作り方とFC2Blogへの貼り付け方をメールでお送りしておきます。ご活用ください。Macでも見れると思いますが・・・

Tag:デジbook  comment:6 

旬の花時計 V2
カウンター
プロフィール

銀座フォト575

Author:銀座フォト575
偶数月 第3日曜日 京橋区民館
写真に575を詠んで楽しむ会です

検索フォーム
QRコード
QR