FC2ブログ

6月銀座フォト句会お知らせ

6月「銀座フォト句会」を以下のように開催いたします。

  • 日 時  6月8日(水)18:00~20:00
  • 会 場  京橋区民館  7号 和室
  • 俳 句  兼題  (こいのぼり)
  • 懇親会  土風炉京橋店にて 20:00より

出欠のご連絡と俳句は6月4日までにみすずさんまで送信して下さい

Tag:例会  comment:2 

初夏の午後   春旭

 今年の5月は、ゴールデンウィークから好天続きで過ごしやすいですね。ここ何年かいきなり真夏を思わせる気温になったり、早々に梅雨の走りのような天候になったりと、本来の一年中で一番過ごしやすい気候にめぐり逢う機会が少なかっただけに一入です。やっぱり、5月はこうでなければいけません。
 初夏の休日の午後、空気もカラッとしていてぶらりと公園なんか散策するのにもちょうどいい季節です。
 そこで、カシャッと一句!

  ヒロインに同化
    「ヒロインに同化し易き初夏の午後」   春旭

 公園でする読書は、何者にも邪魔されず物語の世界に没頭できるのでしょう。最近中高年の女性の間で、恋愛小説の人気が高まっているとの噂です。ハーレクイン・ロマンスシリーズなどが、本屋の売り場の一角を占めているぐらいですから。
 これって、自分が小説の女主人公になったようなつもりで読みふけってしまうのでしょうか?それとも、今の自分が置かれている現実から逃避できる甘~い内容が受けるのですかね?やっぱりどこのお宅にも、「白馬の王子様」はいませんからね。

 因みに、写真の奥に映っている人物は家の女房殿です。大方のお宅同様我が家にも「白馬の王子様」はおりません。王子様の成れの果は一人おりますが・・・。

Tag:未分類  comment:4 

4月例会作品   浩助

晩春を吐息のやうに逝きにけり



寝乱れてとほき昨日や春の夢


先ほど遅ればせながら4月の句会結果をアップしました。
“朧”は何となくイメージが先にできてしまうせいか、なかなか難しかったですね。
みすずさんの句は僕も特選にいただきましたが、具体的で情景が目に浮かぶよう。
写真が付いてよけいに想像が膨らみます。
おぼろ月夜を見上げ、“ああ、面白かった!”てな感じですね。
トリの演目はいったい何だったのか、気になるところです。

「百均…」のフォト575作品も、思わずクスっと笑ってしまいました。
綺麗な丸いボケの花びらが、何だか100円玉を連想させますね。
財布が笑う…というのはガマ口が開きっぱなしのイメージで、これまた可笑しさを倍加。
デフレを笑って乗り切る庶民の底ヂカラが読み取れます。
100円玉をひと掴みして店へ行き、思い切り散財!(笑)、したくなります。



Tag:未分類  comment:1 

4月句会結果報告   浩助

<4月例会/平成28年4月13日(水)・投句12人>
【兼題=朧・おぼろ】 ※順不同/カッコ内は得票

足音のまろき朧の祇園かな…タケウマ(4)
朧夜や母と呼ばれた占い師…春旭
宴果て川面に残る朧月…伊都子(2)
峠茶屋湖(うみ)を足下に富士朧…ふらり
朧夜や小江戸川越時の鐘…邦彦
おぼろ月父の背揺れど「寝ていない」…朋子
病棟に長き沈黙朧の夜…浩助(3)
朧月夢二の女声立てず…彦坂(4)
虚と実をないまぜにして朧の夜…さちえ(1)
朧の夜十七音の詩の世界…晃也
寄席はねて散りゆく人の影おぼろ…みすず(2)
胸の傷浮かび来る夜の朧かな…千賀子(2)

次回の句会は6月8日(水)です。
兼題は「鯉のぼり」です。

Tag:例会  comment:0 

旬の花時計 V2
カウンター
プロフィール

銀座フォト575

Author:銀座フォト575
偶数月 第3日曜日 京橋区民館
写真に575を詠んで楽しむ会です

検索フォーム
QRコード
QR