FC2ブログ

村芝居   春旭

   髭面判官
     「ひげづらの判官が出る村芝居」   春旭
 
 ノスタル爺フォト575にお付き合い下さい。

 「村芝居」とは、秋の収穫が終った後に、村人の娯楽を兼ねて村祭りの一環として興行する芝居のことです。村人のする芝居ですから、ど下手で田舎臭くてとても鑑賞には堪えませんが、どこか妙に受けていた思い出があります。そんな村芝居も、私の子供の頃までで、さすがに今の時代では絶えて久しい行事です。
 あの頃は同じように、鎮守の社の空き地に今で言う旅回りの大衆演劇の一座が興行を打ったりしていました。出し物は大概股旅物などの時代劇か、母娘物。笑わせ泣かせ、こっちは大衆の心のツボを心得ていましたな。
 こまっちゃくれていた私が、いつも不思議に思ったのは、村芝居も旅廻りの芝居もどれも主役がオジさんか爺さんだったこと。特に判官と言われる義経や浅野内匠頭役を、そういった方が演じること。東映や大映の時代劇では、錦之助や橋蔵や雷蔵などの、いわゆる白塗りの二枚目の役柄です。ミスキャストだな~と子供心に思っていました。(嫌なガキでした)
 でも、今になってはよく分かるのです。要するに上下関係・力関係なんですね。村芝居は当時の村の実力者が、旅回りでは一座の座長がそのご面相とは無関係に主役の座を務めるんですね。だから、主役の判官が髭面だろうが皺顔だろうがガキの疑問は一切無視して、芝居を無理やりにも成立させてしまう大人の事情だったんですな。
 でもそうと分かった今でも、大分無理があったな~・・・。(苦笑)
 
 今回は、「村芝居」というあまり詠まれる機会の少ない季語を取り上げてみました。お付き合いありがとうございました。

Tag:未分類  comment:4 

10月例会作品②  春旭

   美意識
  「美意識は時に危険な香りする」  春旭

  美意識を辞書で引くと、美に対する感覚や判断力と出て来ます。古今東西特に美術や芸術の分野において、喧しく論議されたであろうテーマです。
 この美意識が、単なる美術や芸術の範囲を超えて、宗教や思想や人間の生き様にまで波及してくると途端に厄介な事態を招くことがありますね。昨今の国際情勢、特に無くならない戦争やテロや相手方への憎悪の念。互いに当事者たちは、自分達が正しく美しい信念によって行動していると思い込んでいるだけに尚更始末に負えませんな。
 外国だけに限らず、わが国にも昔から独特の美意識があります。例をあげると「武士道」という精神的美意識もそのひとつ。主人が辱めを受け非業の最期を遂げたと恨んで、その家臣たちが無法にも徒党を組み住居に押し入って一人のか弱い老人を惨殺したという江戸時代の出来事。こう書くと何だか殺された老人の方が気の毒に思えますが、「忠臣蔵」となると全く逆の心情が湧いてきます。日本人の美意識の成せる業ですな。
 このように、美意識とはひとつ間違うと大変危険な代物となり得えます。また、美意識にはどこか魅入られるような甘美な香りがするのかも知れません。

 みすずさんの作風を意識した訳ではありませんが、危険な美意識を表現するのに、真紅の薔薇は最適なモデルとして選択しました。何しろ、薔薇は甘い香りに鋭い棘を隠し持っていますから・・・。
 

Tag:例会  comment:2 

10月例会作品   春旭

   長くなる昔話
   「長き夜や昔話は長くなり」   春旭

 何とはなしに退屈に過ごしていたある夜、遠方にいて十年以上も会っていない友人から電話。昔話に花が咲き、秋の夜長を電話にて旧交をあたためました。
 こういう場合、メールより音声でのやり取りの方がいいですね。、微妙なニュアンスや機微が、相手の声の強弱・息遣い・会話の間合いなどで感じ取れます。何よりメールでは味気ないし、第一こんなに長い時間メールを交換し合うのは体力的にきつい。やっぱり、カステラより電話が一番。(文明堂のCMの逆コピー。懐かしのCMを知っている人だけに解るギャグ)
 この作品の最初に浮かんだ句は「メールより声のトーンで本音知り」という句でしたが、フォト句会に出すにはあまりにも格調が無さ過ぎるので上記の句に差し替えました。結果オーライで、ふらりさん、さちえさんから貴重な票を頂けました。ありがとうございました。

 写真は、某温泉宿の部屋に備え付けてあった電話機です。このレトロな感じが気に入りました。如何にも昔話の措辞に相応しい小道具でしょう?私らの年代の懐かしい電話機といえば、プッシュホンより一時代前のこのダイヤル式の黒電話です。
 えっ!?「お前の場合はダイヤルも無い、受話器を取ると電話交換手が取り次に出て来る電話機じゃないのか!」という声も聞こえなくもありません。確かに子供の頃の記憶に微かにありますが、ここはひとつダイヤル式の黒電話で少し年齢のサバをよませて下さい。(汗)

Tag:例会  comment:2 

10月例会   幸恵

         
       兼題「楽」
  鳥渡る4

   兼題だけでも四苦八苦ですのに、「楽」を入れての一句。
  平々凡々に「苦も楽も・・・」になりました。
  渡り鳥と同じく?人生も風まかせ、
  成るように成るさとケセラセラの一句となりました。

   渡り鳥の写真もなく、以前飛行機から写した雲海を加工してみました。
  何となく渡り鳥の群れに見えれば嬉しいのですが。



  二科展4

   六本木の国立新美術館は
  その建物の全面ガラス張りの明るさと斬新さで魅力的。
  コレクションは持たず、企画展や美術団体展のための
  専用施設というのも親しみやすい。
  

 
 新蕎麦

   深大寺蕎麦、頂きました。
  子供の頃育った地域性もあって、うどんばかりでした。
  転勤で東京に来て、注文したうどんの汁が真っ黒だったのは衝撃とガッカリ。
  今でこそ出汁の効いた美味しいうどんもありますが
  当時(40年前。古っ!)としては、そんな物だったのでしょうか。
  私の中では「蕎麦」は男。「うどん」は女。
  さしずめ、東男と京女のイメージです。

Tag:例会  comment:4 

10月例会俳句   春旭

 今回の俳句部門は、久し振りにお題の一字を入れ込んだゲーム感覚の句会。
 キーワードは「楽」。
 意外にも投句されて来た句が、どれも重複することなく違う「楽」を詠んでいてびっくりしました。
 では、小生の写真付き駄句を・・・

   蕎麦道楽
  「新蕎麦や道ここに極まりて」   春旭

 楽の字をどう入れ込むか悩んだ末に、「道楽」を選択しました。いかにも春旭らしい選択だと言われるかもしれません。
 「道楽」を辞書で引くと、単なる趣味以上との解説が書いてありますね。放蕩・遊蕩の意味もあり、身を持ち崩すというニュアンスも含まれています。その、最たるものは、飲み・打つ・買うの三道楽に止めを刺すとなっているようです。
 そこまで極端ではありませんが、意外と耳にするのが、男の蕎麦道楽。しかも、食べる方ではなく、作る方。
 様々な蕎麦打ちの仕方や、そばつゆへのこだわりがあるそうですな。その、うんちくを語る時の得意顔は誰しもが共通しています。
 たまに、そういう人の中に道楽が高じて脱サラまでして蕎麦屋を開業する人が出て来るのも、男の窮極なロマンのなせる業なのかもしれません。
 因みに小生には、そんな蕎麦道楽の傾向はありません。専ら食べる方の道楽に特化しています。(笑)
 あえて小生の道楽と言えば、「フォト575道楽」にのめり込んでいるといったところでしょうか。

Tag:例会  comment:2 

10月例会作品② ミズキ

   孤愁1
  過ぎし日をグラスに注ぐ孤愁かな  ミズキ

  この写真は母娘で箱根に旅行をした際に、芦ノ湖の湖畔にあるカフェで撮影したものです。窓際に置かれたボトルとグラスのオブジェが、芦ノ湖の背景とよくマッチしていました。
 別れた恋人との愛しき日々を思い出しながら、ワイングラスを傾ける主人公のイメージです。
 この写真、当日は曇天だったので、グレーがかった色合いのものでしたが、夕焼けのイメージを出したく、幸恵さんに教えて頂いた「フォトスケープ」で編集したところ、このような素敵な夕焼け色にすることができました。
 幸恵さん、貴重な一票、またフォトスケープを教えて頂きありがとうございました。
 後程タケウマさんから「孤愁」を「秋思」の季語に替えた方がより俳句的になると、アドバイスを頂いたと父から知らされました。貴重なアドバイスを頂き、光栄に思います。大変勉強になりました。ありがとうございました。
 
 私もなるべく機会を作って、例会に参加したいと思っておりますので、その際はよろしくお願い致します。

Tag:例会  comment:2 

10月例会作品   ミズキ

ご無沙汰しております。ミズキです。
今月は仕事の都合で出席できず、非常に残念に思います。作品は父、春旭に託しました。

   初心な昔

   風去りぬ初心な昔は遠すぎて   ミズキ

 この写真はスカイツリー展望台での1枚です。お月見イベントに飾られていた行燈の一つです。ウサギが月を眺めている様子から、今となっては戻る術も無い昔を偲んでいる様に思えました。そこで、ある一つの物語が浮かびました。
「田舎から夢を抱いて都会に上京したものの、厳しい現実を目の当たりにし、疲れ切っている主人公。そんな主人公に一瞬風が吹きつけた。その風はかすかに夢多き時代の懐かしい故郷の香りがした。しかし、その風は束の間で掴める術も無く、瞬く間にもう届かない場所に行ってしまった。もうあの頃には戻れないのかなあ」というちょっとしたストーリーです。
 因みにこの行燈、七色に変化するので温かみのあるオレンジ色になるのは一瞬でした。物語の主人公の様に私もその刹那をカメラに収めてみました。
 みすずさん、貴重な一票をありがとうございました。

Tag:例会  comment:0 

10月例会兼題句の投稿先 (ふらり)

皆様 今晩は。

10月度例会の兼題句の投句先ですが、
みすずさんのPC不調のため、ふらりが清記を行うことになりましたので、
下記メールにお送りください。

ashitamoiitennki@gmail.com

ふらり

Tag:未分類  comment:0 

旬の花時計 V2
カウンター
プロフィール

銀座フォト575

Author:銀座フォト575
偶数月 第3日曜日 京橋区民館
写真に575を詠んで楽しむ会です

検索フォーム
QRコード
QR