FC2ブログ

4月例会作品①②   春旭

 皆さん、先日のフォト句会お世話になりました。
 ゴールデンウィークが始まらない内に、拙作をアップさせていただきます。

  モンロー・ウォーク
  「春風やモンロー・ウォーク真似てみる」   春旭

 写真は、昨年私の地元にあるネーブルパークという施設で撮影したものです。
 季節の花々やちょっとした遊具のある公園で、地元民に愛されています。
 ここでは乗馬体験もさせてもらえるので、子供達だけでなく大人にも人気があります。定番のポニーだけでなく少し大きめな馬もいるので、写真のモデルにはうってつけです。
 当日、颯爽と風を切りながら疾駆する雄姿?を撮影してもらおうと張り切って出かけたものの、時間の関係で本日の営業はここまでですという残念なことになってしまいました。仕方がないので、厩舎に帰る後ろ姿をパチリ!
 大きなお尻を振り振り歩く白馬の姿から、永遠のセクシーシンボル、マリリン・モンローを連想しました。
 「坊や、残念だったわね。またおいで」と声をかけられたように、少々薹の立った小憎くらしい坊やは思いました。(笑)
 船橋さん、この作品に貴重な一票をありがとうございました。




  愛飢男
   「真実夢愛喪(まみむめも)
    春は来たれど
    愛飢男(あいうえお)」   春旭


 4月のもうひと作品は、言葉遊びで作ってみました。皆さんこの作品をふらりさんの作品だとお思いなったようですね。
 オレオレ詐欺の成りすましの様な感じになってしまいましたかな?
 ただの「まみむめも」や「あいうえお」では面白くないので、それぞれに意味のある漢字を当てはめました。
 真実も夢も愛もうしない、春が来たというのに、私は愛に飢えた男ですというペーソスあふれる(どこが?)句意です。
 バカバカしい作品にもかかわらず、ふらりさん、船橋さん、みすずさん、それに板見先生まで、貴重な一票をありがとうございました。



 

Tag:例会  comment:4 

4月例会   幸恵

兼題「春昼」
2018-4月春昼
     春昼や見てきたよふなをつき

 今回のお題も私には難しかったです。間際になってから大慌てで何句か作り、チョッとひねくれた?句を提出致しましたが、皆様の失笑を買ってしまったようです。
 誰が?誰に?どんな嘘を?…ですが、実はここだけの話、写真左側の男が、右に座るまじめな男にまことしやかな嘘をつき、何処かの誰かさんのように「言葉遊び」を楽しんでいる図です。
 こうして写真を付けて、その上の説明をして、ゼーゼー息切れの俳句です(◎_◎;)。
 又出直してまいります!



 写真俳句①
2018-04月①-2
 春惑ひ迷宮入りのスパイラル

 一日神楽坂散歩を楽しんだ後、疲れた足を休ませようと飯田橋の「カナルカフェ」へ。行き交う電車を眺めながら寛げる大好きな場所。甘いスイーツを楽しんだ後は、にわか撮影会。ご一緒したT子さんとそれぞれが夢中でパチリパチリ。
 そのT子さん、花たちを素敵なハイキーな写真にしておられましたが、私はそこにあったこのオブジェ?を切り取りました。そして連想ゲームでスパイラルと春の惑いを無理やり結び付けての一句です。


写真俳句②
2018-04月②-2
 かざぐるま天まで届けカラカラリ

 芝増上寺内に並ぶ沢山のお地蔵様。かざぐるまを手に1000体とも1300体とも言われるお地蔵様の光景は何か哀しく、子を思う親の気持ちが迫ってきます。お顔もそれぞれですが、このお地蔵様は何故か私の目を引きました。目元に付いた何かが、まるで泣き黒子のようにも見えいっそう切なくなりました。



 後になりましたが。春旭様、いつも句会の結果報告を有り難うございます。
 それに続く、春旭様のご自身の「春の昼四肢を伸ばして長寿の湯」も、ユーモラスなカバ君のお写真と共に再度楽しませて頂きました。
 >まだまだ長生きしそうだな?・・・。その通りです!そして益々のノスタル爺フォト575で我々を楽しませてくださいませ~!

 ミズキ様、ご参加は叶わずともお父様に託された俳句やフォト575、相変わらず冴え冴えですね♪ 特に今回のお写真の内の一枚である京都嵯峨野でのお姉様の素敵なお着物姿、モデルさんの良さもさることながら、アングルと言い構図と言いまるでモデル撮影会のプロ写真のようです。お父様も、我が娘たちのこの姿に満足満足の事とお察しします。拝見する方もほのぼのとする良い作品ですね。有り難うございました!

Tag:未分類  comment:4 

4月例会作品   ミズキ

 ご無沙汰しております。夏日が続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?
4月例会の作品をアップさせていただきます。

  4月例会 俳句
  愛犬につられてあくび春の昼  ミズキ
 穏やかな春の陽気の中、縁側で日向ぼっこをする飼い主とその愛犬。心地良くてあくびをした愛犬につられて、あくびが出る飼い主。「あくびはうつる」と言いますが、好きな人のあくびしかうつらないそうです。この句には、固く結ばれた飼い主とその愛犬の絆を詠み込みました。
 タケウマさん、貴重な一票をありがとうございました。



 竹林の風
  花緒すげ風のささやき瞳に映る  ミズキ
  この写真は、昨年勤続10年のお祝いでゆとり休暇を頂いた際に訪れた京都嵯峨野での一枚です。ちなみに、この後ろ姿は姉です。記念に着物で散策をしようと二人で和装体験をしました。当初は借りる予定はありませんでしたが、こうして見ると、和傘がアクセントになっていて、借りて良かったなと思います。
  上五に花緒を持ってきたのは、足下から上方へ句の情景転換を狙ったからです。また、「風のささやき」という音を視覚で捉えるという表現も句のポイントです。
  この写真をお褒め頂き、板見先生ありがとうございました。




  春日傘
  妖精の少しお洒落な春日傘  ミズキ
  私は花の名前に詳しくないので、この花が何という名前なのかは分かりません。そんなに大きくはない花なので、ローアングルで撮影してみました。何となく、陽射しを防ぐ日傘のように見え、その日傘を使っている妖精を連想しました。

Tag:例会  comment:0 

4月例会俳句   春旭

 4月例会俳句の兼題は、「春の昼」・「春昼」でした。
 それでは、私の写真付き拙句を、

  春昼長寿の湯
  「春の昼四肢を伸ばして長寿の湯」   春旭

 日が永くのどかで、どことなくものうい感じを、朝湯ならぬ真昼間に浸かる温泉に譬えました。「あ~極楽、極楽」という気分です。
 
 句の出処はこちらです。ノスタル爺フォト575になってしまいましたね。
 以前、船橋ヘルスセンターという当時東洋一と豪語した歓楽施設がありました。(現在は、ららぽーとになっています)
 皆さんの中にも、お出でになった方がいらっしゃるのではないでしょうか。
 船橋ヘルスセンターといえば、そう、あの有名なCMソングのフレーズが浮かんで来ますね。
 ♪船橋ヘルスセンター、船橋ヘルスセンター 長生きしたけりゃチョとおいで チョチョンノパ チョチョンノパ  湯気がゆ~らゆら 大きなお風呂 手足のばせば 命ものびる チョンパ ♪
 この歌を今も唄える人は、ある程度長生きをしていることに間違いありません。そういう私も小学生の時に、この船橋ヘルスセンターの風呂に浸かりました。結構長生きしたのかな?この分では、まだまだ長生きしそうだな?(笑)

Tag:例会  comment:0 

例会俳句部門結果  4月  春旭

 皆さん、昨日のフォト句会お疲れ様でした。いつもより盛り上がった楽しい時間を共有することができましたね。
 また、悳子さんお手製の桜餅をご馳走になり、ありがとうございました。桜の香りとほどよい甘さで美味しかったです。
 それでは、今回の俳句結果を発表させていただきます。

  <4月例会/平成30年4月11日(水) 投句13名>
   [兼題=春昼・春の昼]*順不同(敬称略)/カッコ内 特➡特選 並➡並選 獲得数

 春昼のプリンに震度一の揺れ・・・彦阪(特5並2)
 七年の汚染土並ぶ春の昼・・・悳子(並2)
 春昼や俳誌枕に浅き夢・・・みすず(特1並1)
 春昼や花買ふ男ためらいつ・・・千賀子(特1並1)
 愛犬につられてあくび春の昼・・・ミズキ(並1)
 春昼や飛沫激しく鯉の恋・・・ふらり
 春昼のパスタに添えてjazzと風・・・耕人(特1)
 春昼や猫も一緒に大欠伸・・・船橋(並2)
 春昼の茶柱ゆるりと立ちあぐる・・・タケウマ(特2並1)
 還らざる若き日想う春の昼・・・石田(特1並2)
 春昼や見てきたよふな嘘をつき・・・幸恵
 春昼や門前町の招き猫・・・伊都子
 春の昼四肢を伸ばして長寿の湯・・・春旭

 以上4月例会俳句の結果を掲載しました。(なお、今回は吉澤さん選句の並選句票が一票多く入っています)

 *次回6月例会の兼題は「」の文字を句の何処かに入れ込んで詠んで下さい。
  歳時記では、「」は夏の季語になっています。したがって、歌謡祭・創業祭など季節とは関連のない祭りを詠まれる場合には、別の季語を入れ込んで下さいね。今回以上の秀句の数々を期待いたしております。

 *各句に対しての感想その他など、コメントを頂けましたらと思います。何でもご自由に下記のコメント欄よりお書き込み下さい。

Tag:例会  comment:4 

旬の花時計 V2
カウンター
プロフィール

銀座フォト575

Author:銀座フォト575
偶数月 第3日曜日 京橋区民館
写真に575を詠んで楽しむ会です

検索フォーム
QRコード
QR