FC2ブログ

4月例会作品①②  春旭

 4か月ぶりのフォト句会。見学の方もあり、大盛り上がりでした。

 4月例会作品①

  対峙
  「対峙せむ余命尽くまで落花まで」  春旭

 いささか長持ちしたと言われた今年の桜も、すっかり落花してしまいました。写真のように絢爛と咲き誇る姿は、ほんの一瞬ですね。
 さて、写真の男性は一心不乱に写生をしていましたが、果たして桜の神髄に迫れたのでしょうか?私には、死ぬまでにどうしてもこの桜を描き上げるのだという決意の様なものを、この男性に感じました。ある種の悲壮感が漂っていました。
 対する桜は、男性のそんな思いを知ってか知らずか、そう容易くは描かせてなるものか、もっともっと咲き誇ってあっという間に散ってやると思っているように感じられる。
 男性の余命が尽きるのが先か、桜が散るのが先か、どちらに軍配が上がるか?まさに、互いが対峙しているその真っ最中を作品に仕上げさせてもらった訳です。
 フォト句会に提出した際には、「対峙せむ余命を賭して落花まで」という句で作ったのですが、後日推敲の結果上記の句に添削しました。この句の方が、桜と男性が互いに対峙している感がより強調出来たのではないかと思えます。また、「まで」「まで」のリフレインが句にリズム感を与えるのではないかと思ったりもしています。
 この作品に、ふらりさん貴重な一票をありがとうございました。




 4月例会作品②

  やっぱり青い地球
   「ぶらんこややっぱり地球青かった」  春旭 

 「ぶらんこ」、なぜ春の季語なのかは知りませんが、わくわくするようなあの躍動感から来るイメージなのかも・・・。
 この歳にもなりますと、しばらくブランコには乗っていません。おそらく皆さんも小さなお孫さんでもいない限り、とんとご無沙汰のはず。でも、子供の頃のブランコの思い出は身体のどこかに沁みついているのではないでしょうか。もっと高く、もっと高くと精一杯ブランコを漕いだ記憶を誰しもお持ちだと思います。それこそ、大空に向かって飛んで行く心地がしましたね。その思いを句に託しました。
 「地球は青かった」、人類初の宇宙飛行士ガガーリン少佐が、宇宙飛行中に言った有名な言葉です。ある程度以上の年齢の方なら誰でも知っていますよね。まさに、ブランコで大漕ぎした時の気分は、これに近いものがあったな~。
 写真は、ひたち海浜公園のネモフィラの丘です。どこまでも青の世界。そして、ブランコに乗っている最中の雰囲気を演出するために、意識して斜めのアングルで切り取ってみました。響き合ったでしょうか?
 この作品に、タケウマさん貴重な一票をありがとうございました。
 

Tag:例会  comment:2 

4月例会作品   ミズキ

 こんにちは。やっと春の気候になり暖かくなってきましたね。

今回の作品をアップします。

俳句部門 兼題「当季雑詠(春)」
 春眠やおとぎの国は去り難し  ミズキ

 夢の中でだけ訪れることができるおとぎの国。しかし、幸せな時は目覚まし時計の音を合図に終わりを告げます。「あと少しだけこの幸せな時を味わいたい」そんな乙女心を詠んでみました。
また、この俳句にちょうどいい写真があったので、コラボレーションさせてみました。

  春眠


 ちなみに写真は、カレッタ汐留でイベントを開催していた際にフォトスペースで撮影しました。



 フォト575作品①

  再起動
 
  再起動一歩踏み出す春の朝 ミズキ

 悲しいことや辛いことがあった時。新しい環境に身を置く時。口紅をひと塗りするだけで少し元気になったり、勇気をもらえたりします。自分を再起動させる口紅の魔法。変化の多い春に合うかと作ってみました。
 ちなみに写真は、コレド室町のイベントスペースで撮影しました。イベントとコラボした口紅を展示しており、かなり近づいて撮影しました。
 千賀子さん、この作品を選んでいただきましてありがとうございました。



 フォト575作品②

 ゴッホと同じ夢2
  春の夜ゴッホと同じ夢を見る  ミズキ

 写真は志摩地中海村での一枚です。
 写真の雰囲気が、ゴッホの有名な絵画「夜のカフェテラス」の情景に似て撮れたので、この句を合わせてみました。響き合ったでしょうか?
 幸恵さん、この作品を選んで下さいましてありがとうございました。

Tag:例会  comment:2 

4月例会俳句   春旭

 4月例会俳句部門の兼題は、「当季雑詠(春)」ということでした。
 さて、どんな季語を選ぼうかと散々悩んだ挙句、何のひねりも無い平凡な「桜」を選んでしまいました。
 では、その拙句を写真付きで公開します。

  桜の強いる未練
   「桜散る我に未練を強いるため」   春旭

 今年の桜は、花冷えもあっていつもの年より長持ちしたと評判でした。でも、さすがに今日あたりになると、いくらか皆さんのお住まいよりも北方面に位置する私の在所でも桜吹雪が舞っています。
 さて、毎年思うことですが、桜の花は満開を迎えるとあっという間に散ってしまいます。もう少し愛でたかった堪能したかったと、いつもその思いを引きずらされます。またその姿を再見するためには、一年近くの歳月を待たなければならないですものね。もしかしたら、自分の寿命が尽きて来年の桜は見ることが叶わないかもしれない。そう思えば思うほど、散って行く桜の花に愛おしさが募ります。
 桜は、いつまでもだらだらと咲かないところが日本人に愛される所以なのでしょう。でも、もう少し愛でたかったなあ・・・。
 
 この句に、笑子さん貴重な一票をありがとうございました。

Tag:例会  comment:4 

例会俳句部門結果 4月  春旭

 皆さん、昨日のフォト句会お疲れ様でした。4か月ぶりに、また平成最後のフォト句会ということもあってか、殆どのメンバー大集合となり盛り上がりましたね。
 また、見学のお二人も参加して頂きました。いかがだったでしょう。楽しい時間をお過ごし頂けましたでしょうか?
 それでは、結果を発表いたします。

  <4月例会/平成31年4月10日(水) 投句14名>
  [兼題=当季雑詠(春)]*順不同(敬称略)/カッコ内 特➡特選 並➡並選 獲得票数・選者名

 朽ちてなほ光放たむ落ち椿・・・伊都子(並1石田選)
 アラビアのロレンスの鞭つちふれり・・・悳子(特1千賀子選)
 落花して風のかたちを見せにけり・・・耕人(特1タケウマ選 並3悳子・春旭・幸恵選)
 四つ目垣超えてれんぎょう伸び盛り・・・みすず
 白木蓮(はくれん)に闇より深き色のあり・・・幸恵(特1春旭選 並1川崎選)
 花冷えや父リハビリの鶴を折る・・・笑子(特3川崎・みすず・幸恵選 並3千賀子・伊都子・耕人選)
 桜散る我に未練を強いるため・・・春旭(並1笑子選)
 あと五分あと一分の大試験・・・川崎
 胸騒ぎして夜桜の町急ぐ・・・タケウマ(特1ふらり選)
 カタクリや十五の恋の片想い・・・千賀子(特1悳子選)
 春眠やおとぎの国は去り難し・・・ミズキ
 鰆焼く孫の門出の祝い膳・・・ふらり(並1タケウマ選)
 春尽きて初期化されたるわれ哀し・・・石田(並2ふらり・みすず選)
 侍の面構なり桜鯛・・・彦阪(特4石田・笑子・伊都子・耕人選)

 以上4月例会俳句の結果を掲載しました。

 *次回6月の兼題は「当季雑詠(夏)」です。皆さん、今の内から頭をひねっておいて下さい。今回以上の秀句の数々を期待致しております。
 *各句に対しての感想その他など、コメントを頂けたらと思います。何でもご自由に下記のコメント欄よりお書き込み下さい。

Tag:例会  comment:5 

旬の花時計 V2
カウンター
プロフィール

銀座フォト575

Author:銀座フォト575
偶数月 第3日曜日 京橋区民館
写真に575を詠んで楽しむ会です

検索フォーム
QRコード
QR