FC2ブログ

6月例会作品   春旭

 6月例会からまだ1週間も経たないのに、皆さん飛ばしますね~!アップはまだ先でよかろうとボーっとしてしていたところ、気が付けばアップしていないのは私だけになっていましたね。(汗)
 例会作品の早めのアップをお願いしていた張本人が、一番最後というのも皮肉なものですな。まあ、寄席でも真打(どこが?)は最後に上がることになっていますから、笑ってご容赦下さい。
 それでは、春旭の6月例会作品を・・・

 まず、俳句兼題「当季雑詠(夏)」の写真付き拙句

  路地艶めく祭髪
  「どの路地もみな艶めきぬ祭髪」  春旭

 今回の悳子さんのフォト575作品と同じ様に、普段はセピア色の我が町も夏祭りの時だけは妙に華やいだ雰囲気になります。当地は古い城下町だった所為で、曲(かぎ)の手といわれる行き止まりの狭い路地が多くあります。その殆ど人通りも無い路地が、夏祭りの間中は何処からか祭り囃子が流れて来て、浴衣姿や半被姿(女神輿もあるので)の女性やお姐さん達で賑わいます。
 いいもんですなぁ、あの祭りの時だけに結い上げる髪形は。日本人に生まれて来て良かったと心底思えます。
 この句を悳子さん特選に、石田さん・幸恵さん並選にそれぞれ採って頂きましてありがとうございました。



 6月例会作品①(ノスタル爺フォト575)

  病葉
  「病葉(わくらば)や人は潰えし夢数ふ」  春旭

 「病葉」、なかなか読めません。以前TVのクイズ番組で出題されていました。それを家族で見ていた時、瞬時に「わくらば」と答えて一目置かれました。(笑) 種を明かせば、私の好きな懐メロの記憶でした。
 皆さんご記憶に残っていますか?仲宗根美樹という歌手。彼女のかつてのヒット曲「川は流れる」を覚えていますか?
 因みに、こんな歌詞です。

 ♪病葉を きょうも浮かべて
  街の谷 川は流れる
  ささやかな 望み破れて
  哀しみに 染まる瞳に
  たそがれの 水のまぶしさ

 ああ!あの歌かと思い出された方は、何人ぐらいいるだろう?句の出典はこの歌詞でした。「ふざけるなー!」とお思いでしょうが、この写真と取り合わせたところを、ひとつ評価してやって下さい。
 写真は銀座の某デパートのショーウインドーです。実物は小さくて、気付かずについ通り過ぎてしまうようなものでしたが、ピッと来てパチリ!割れた鏡が、病葉の様子に見えたのでこの句に繋がった次第です。な~んだ、簡単に作ったのかとお思いでしょうが、これでも文字入れの場所や書体をあれこれと苦心したんですよ。(涙)
 この作品に、石田さん貴重な一票をありがとうございました。




 6月例会作品②(ノスタル爺フォト575)

  泣き売
  「泣き売(バイ)に水無月の空ついほろり」  春旭

 今回意外だったのは、皆さんが「泣き売」をあまりご存知ではなかったこと。若い方には不明?だろうけど、私以上の年齢の方はご存知だろうと思っていました。以前の拙作のサーカスの「ジンタ」と同じで、「泣き売」を読み手が知らないとこの句は成立しません。
 因みに「泣き売」とは、大道で男が大声を上げて泣いている。何事かと思って人々が周りを取り囲みますよね。その中の一人が「どうしたんだ?」と男に声を掛けます。すると男は、勤め先の万年筆工場が火事に遭って潰れてしまった。給料代わりに焼け残った現物の万年筆を貰ったが途方に暮れている。悪いことに、故郷の母親が病気で明日をも知れないのだが、帰る汽車賃もない。嗚呼どうしたらいいのだろう・・・!?という内容の話を語る。
 そこで、声を掛けた男が「どれ、それを見せてみろ!」と言って男から万年筆を取り上げ、それをまじまじと見て「お~!これは○○(有名そうな名前)の万年筆じゃないか!デパートで買えば5000円(当時では大金)はするぜ!何?これを換金したいってか?いくらで売るつもりだ?何~500円!よし、俺が何本か買ってやる!」と言って何本か男から買う。そして、間髪を容れず「誰か他に買う奴はいないか?こんな買い得なことはねーよ。これも人助けだ」と周囲の野次馬に声をかけてその中にいる人達にも買うように勧める。とまあ、こんな手口なんですね。言うまでもなく、野次馬の中の一人はサクラで、二人は仲間同志なのです。勿論、万年筆は安物です。
 長い説明になってしまいましたが、まあ詐欺といえば一種の詐欺です。しかし、ある意味大道芸の一種ですなあ。昔(昭和30年代ぐらいまで)はこれでも騙される人がいたんですから。何を隠そう、私もその一人でしたが・・・。(トホホ泣き笑い)

 句は多少「泣き売」の騙しのテクニックに敬意を表しています。写真のモデルも騙す→化かすと連想して、狐にしました。わざわざ雨の日に行ってまで撮った写真でしたが、狙い通り涙に見えたかなぁ?何!涎に見える?まあ、昔の私の様な鴨ネギの奴を虎視眈々と付け狙っている奴らの心の内を表現したと思って下さい。
 この作品に、耕人さん貴重な一票をありがとうございました。先生は、こんな見え透いた詐欺には引っかからないでしょう。

 遅いアップの上に、長い解説で失礼しました。お後がよろしいようで・・・。
 

Tag:例会  comment:6 

6月

はち
★ 新緑の香にむせかえる峡に入る

小さな昆虫や花を懸命に追っていた頃の写真です、ハナアブのようですが小さくて
体長一cmほど、よく見ると綺麗な蜂です。

写真も仲間から暈しを教えられていたので家の植木に止まった所を狙いました、昆虫は
目を狙えと言われて頑張って何枚も撮りました、あの頃の情熱はどこへ行ったやら・・・

今はまだ痛む手を庇っているので重いカメラは持てません、軽くて(美しく?)撮れる
カメラを探し中!

Tag:例会  comment:1 

6月 例会作品 みすず

ネコ伸び
★ 十歳は若く見せるわ衣替え

近所の野良ネコちゃん、結構なボスで、2~3匹の手下?を従えて君臨しています。
耳に避妊手術をした印があります、手の傷はその前の奮闘の後・・・らしい!

自分の切ない願いを猫を通して擬人化して句を付けました(^▽^笑)

Tag:例会  comment:2 

6月例会作品  耕人

メドゥサの髪を離れて夏の旅

メドゥサの髪を離れて夏の旅  耕人

Medusa―蛇の頭髪を持ち、その姿を見る者を石に変えると言われる、ギリシャ神話に出てくるゴルゴン三姉妹のひとり。そんな神話から抜け出てきたのかどうかは分からないけれど、ここ西表島の夏の海を気持ちよさそうに悠々と泳ぐその姿から、ひとつの束縛からエスケープしてきた開放感のようなものを感じた。青い海に映える横縞の洒落たコスチュームの柄も、粋で似合っていた。もっとも、バカンス中とはいえ毒蛇は毒蛇。さわらぬ女神にタタリなし、ですね。
選んでいただいたふらりさん、春旭さん、幸恵さん、笑子さん、ありがとう。


をさな児の描きたかった絵を空に

をさな児の描きたかつた絵を空に  耕人

どうして我が子を虐待で殺める愚劣な親があとを絶たないのだろうか。どんなに言葉をつくしても、自分を守ってくれるはずの親から見放され、苛めつくされ、命を奪われた、幼い子供たちの魂が癒されることはないだろう。友達と遊びたかったろうに、歌も歌いたかったろうに、お絵描きもしたかったろうに…。いまはもう、このような低劣な俗世から逃れ、遥か高い空の上で、澄んだ魂のまま自由に遊んでいるに違いない、そう思わずにはいられない。
ノゲイトウの花が、優しく風にそよいでいる。まるで絵筆のように、見えない絵を、空に向かって描いているように…。

Tag:未分類  comment:2 

6月例会  悳子

例会①

セピアなる街

セピアなる街が一気に夏となる

前夜からの大雨がやみ6月9日堀切菖蒲園に出かけました。
丁度菖蒲祭りのイベントが開催されており「阿波踊り」の連も多く出るとの事。
ラテンのリズムにも太鼓のリズムにも弱い私は血が騒ぎます。
早々に菖蒲園を後にしてイベント会場に。
昭和ノスタルジーの色を濃くのこした街並みが
一気に活気ついた気がしてシャッターを切りました。


例会②

菖蒲咲き初む
蒼や碧あやめ咲き初む青き空

本当の目的だった花菖蒲
色とりどりに美しく咲いていました。曇天から青空が顔を出した時
とりわけ背の高い凛とした一株のあやめが目に入りシャッターを切ったのですが
句が浮かばず時間切れになってしまいました。またゆっくり考えてみます。

Tag:例会  comment:3 

6月例会作品  彰典

何もかも放り出したる溽暑かな

何もかも放り出したる溽暑かな  彰典

幸恵さん、TOKUKOさん、笑子さん、貴重な一票ありがとうございました。


すいすいと為すべきことを梅雨晴間


すいすいと為すべきことを梅雨晴間  彰典

Tag:未分類  comment:2 

6月例会作品  舜規

風落ちて黄金の溶くる昼下がり

風落ちて黄金の溶くる昼下がり  舜規

6月例会に出品した作品です。
みすずさん、TOKUKOさんに貴重な一票を頂きました。
ありがとうございました。


<strong>今年また火焔のごとき酷暑かな</strong>

今年また火焔のごとき酷暑かな  舜規

江東区若洲にある東京ゲートブリッジの夕景です。
酷暑を象徴する太陽が橋の真下に來る瞬間を狙ったものです。
春旭さん、彰典さん、ありがとうございました。

※耕人が代理でアップしました。

Tag:未分類  comment:2 

6月例会作品  幸恵

2019-6月②

    忖度は神代の頃も青嵐
 
 神聖な場でもある神社での一コマ。
中の様子を伺っておられるその仕草が面白く、思わずシャッターを切りました。その様子から流行語?の「忖度」を連想し句に詠み込んだのですが、今にしてみれば、もっと相応しい季語があったかも・・・と反省中です。




2019-6月①

    この米を待つ人がいて田植え唄

  旅先で見かけた田植えの光景です。
私自身、田植えそのものを見かける機会もないこの頃、手植えをしておられるその姿は郷愁に駆られる光景でもありました。おそらく、都会で過ごす子や孫の為にせっせと田植えをしておられるのであろうと勝手な想像を膨らませた時間でした。

Tag:例会  comment:4 

6月例会作品  ミズキ

 俳句部門
  「当季雑詠(夏)」
  「収容所の澱に浮かぶ虹の橋」

 季語は、「虹」を選びました。
 私の句だけ、皆さんの句とは異質の句になってしまったようです。どうも、私は頭の中で先に物語を創り上げないと俳句が詠めないのです。お許しください。
 ユダヤ人収容所の光景を詠んだ想像句です。句意は、明日への希望もない一人のユダヤ人が、収容所の澱に映った空の虹を偶然発見した。そのユダヤ人は、そこに希望を見たのか、それとも自由な世界へ脱出出来ない境遇を嘆いて絶望しているのだろうか、というものです。
 映画「シンドラーのリスト」からヒントを得ました。
 野良犬・野良猫の収容所と解釈された方が多かったようですが、ある意味似たような内容になるのでそれもありかなとも思います。



 6月例会作品①

 都会の景に染む
  星見せぬ都会の景に我も染む  ミズキ

 写真は、この度の10連休でシンガポールに旅した時の一枚です。
 都会には染まるまいと誓って上京した少女は、歳月の過行くまま都会に順応して、何時しか都会の風景と同化してしまったという句意です。



6月例会作品②

  クレオパトラの夢
  走馬灯クレオパトラの夢一夜  ミズキ

 クレオパトラの最期の瞬間を作品にしました。死の刹那に、人はその一生を走馬灯を見るように回想するといわれますが、クレオパトラの胸に去来したものは何だったのだろう。権力も、恋も、幸不幸も、一夜の夢のようなものだったのだろうかという作品でした。
 この作品に、笑子さん貴重な一票をありがとうございました。

Tag:例会  comment:4 

6月例会提出作品 ふらり

①夏まつり久しき人の顔嬉し

20190616174627eaa.jpeg

写真は神田祭の日の裏道の情景で、久しぶりに知り合いのお年寄りを見たのでしょうか。
眼線のレベルを合わせて会話を交わす、二人の笑顔が印象的で、シャッターを押しました。


②流し目に漢(おとこ)が揺れる宵祭

201906161746274f8.jpeg

こちらは三社祭で、宮神輿の宮入を待つ浅草の綺麗所の姐さんです。
漢が揺らすのは神輿ですが、この流し目にあっては漢の心も揺れている事でしょう。
私の心も揺れて、写真もぶれてるかも‼︎

作品としては、両方とも捻りのない作品でした。

Tag:例会  comment:3 

旬の花時計 V2
カウンター
プロフィール

銀座フォト575

Author:銀座フォト575
偶数月 第3日曜日 京橋区民館
写真に575を詠んで楽しむ会です

検索フォーム
QRコード
QR