FC2ブログ

10月例会作品  春旭

 10月例会作品①

  疑似家族1
  「秋思にて繋がっている疑似家族」  春旭

 飼い主さんの言い付け通り、お行儀よく並んでポーズをとって記念写真を撮られているわんこ達。私もついでに1枚撮らせて頂きました。
 撮りながらふと浮かんだのは、昨年話題になった映画「万引き家族」。映画では、祖母さん?から孫っちょ?まで本当の家族ではないが、それぞれが満たされぬ思いを抱え、それ故に本当の家族以上に絆で結びついているという設定でした。
 このわんこ達も、バーニーズ・マウンテン・ドッグやシュナウツアーやテリア系の犬種で、実際に親子兄弟関係は無いはずです。でも本犬?達は、家族以上の繋がりを感じていることでしょう。
 何によって繋がっているか?それは、それぞれが感じる秋の寂しさに誘われる物思いによって身を寄せ合っているのではないだろうかという解釈で、作品化してみました。
 この作品に、中村さん、ふらりさん貴重な一票をありがとうございました。




 10月例会作品②

  夜長し
  「安置所に監察医待つ夜長し」  春旭

 こちらはガラッと趣を変えて、ホラー・サスペンス篇
 安置所に横たわる男は、何者なのか?生きているのか?死んでいるのか?ただ、眠っているだけなのか?
 死んでいるとすれば、病死なのか?事故死なのか?はたまた殺人なのか?自死なのか?その結果は監察医が到着するまで不明です。
 おそらくそれが判明するには、まだ相当な時間を要することでしょう。まだまだ、長い夜は続くのです。
 この作品は、はっきり結論を出さないところがミソです。読み手の皆さんが、いかようにも想像を膨らませてストーリーを構築してみて下さい。当日の例会で、板見先生の「この男自身が監察医を待っているかのようだ」という先生独自の解釈も面白い捉え方でしたね。
 この作品に、ふらりさん、耕人さん、それとミズキ貴重な一票をありがとうございました。
 *ミズキは、私の作品だと知らずに票を入れています。私からの強要や、忖度要望などはしていないことを申し述べておきます)

Tag:例会  comment:6 

10月度例会俳句   ふらり

百円の鬼平五冊夜長かな

鬼平

俳句で出したものに、後から強引に写真を作りましたので、全くベタになってしまいました。
時間が許せば、鬼平ゆかりの地の写真と組み合わせたかったのですが。
句も鬼平に助けられで、言い訳ばかりです。

Tag:例会  comment:6 

10月例会作品  耕人

秋うらら君の半径2メートル

秋うらら君の半径2メートル

千葉県佐倉市にあるDIC川村美術館の庭に住むガチョウのカップル。行くたびにモデルになっていただく。人気者で、つい先日もあるコンテストの審査で見かけて、ついホッコリ。写真でもわかる通り「婦唱夫随」が家風らしい。
で、「君の半径…」が僕の「秋麗」の有効半径、というわけ。
可愛らしい動物愛を詠んだつもりだったけれど、春旭さんの感想にもあったように、「半径」という語がなにやらストーキングを連想させるらしい。なるほど。そう思えなくもない。アツい夫婦愛も、過ぎたるは及ばざるがごとし、ということになるのかな?


熱燗と言はれて呑んだ馬の尿

熱燗と言はれて呑んだ馬の尿(しと)

少々下品な句を付けてしまい、由緒ある笠間神社の御狐さまには申し訳ないかぎり。キツネが人を騙すというたわいない昔話からの引用でフォト句を作ろうと思ったが、振り込め詐欺だのオレオレ詐欺、はたまた国際恋愛詐欺など、どうもナマナマしくて笑えない。お顔がヤリ手の居酒屋女将っぽくて、徳利を持つような手つきにヒントを得て、この句に落ち着いた。
え? 人を騙してこんなものを飲ませて酷い!って?
いえいえ、年寄のなけなしのお金を容赦なく奪い尽くすニンゲン様のほうがよほど悪質で非人間的です。アタシの悪戯なんて可愛いもの…って、キツネの女将が言ったとか言わないとか…。

Tag:未分類  comment:3 

10月例会 作品 ミズキ

 10月例会の作品をアップ致します。まずは、俳句部門から。

 泣き癒すひとり夜長の古シネマ  ミズキ
  句会の中でも少しお話しましたが、これは現代で流行している、涙を流すことでストレスを発散する“涙活”と古シネマと言う
 新旧が入り交じった作品です。
  私は、この古シネマを「ローマの休日」と想像していました。幼い頃に母の影響でこの映画を鑑賞してはいましたが、あの頃は
 よく意味が分かっておらず「お姫様の映画」という印象でした。しかし、大人になって感情の機微などが理解できるようになり、
 あの頃隣で涙を流していた母の気持ちが分かるようになりました。
  これを機に、また「ローマの休日」を鑑賞し、感動の涙を流しながら、秋の夜長をゆったり過ごしたいなと思います。もし、
 ストレスを抱えている方がいらっしゃたら、「涙活」お薦めですので、ぜひ試してみて下さい。




 続いてフォト俳句です。
大天使の降臨

  大天使聖歌響かせ降臨す  ミズキ
  
  この写真は、軽井沢のプレミアムアウトレットで撮影したのですが、ちょうどこの時、空が素晴しく美しく、この瞬間をカメラに
 収めたいと夢中でシャッターを切ったのを思い出します。
  雲の形が大天使の翼のようであることと、神々しい雰囲気があったので、大天使が美しい聖歌と共に降臨しているという
 作品に仕上げました。

夕鶴(フォト575)

  羽ひらりつうは彼方へ秋夕焼け  ミズキ 
  
  いろいろな童話をフォト俳句にするのが好きな私ですが、今回は折り鶴ということで、「鶴の恩返し」を取り上げてみました。
  正体を知られ、悲しげに男のもとを去るつう。男が「待ってくれ」と追おうとすると、空から美しい1枚の白い羽根がひらりと
 落ちてくる。それは、つうからの餞別なのだろうか。男が大事そうにその羽を拾い上げ、つうを目で追うと、つうは赤く染まる
 秋夕焼けの空に同化するように、彼方へと去って行った。
  というようなラストシーンを描いてみました。またまた長々と失礼致しました。



  
  先日の句会では、若輩者の私をお仲間に入れて頂き、ありがとうございました。また的確なアドバイス等もいただきまして、
 貴重な経験をさせて頂いたと思っています。
  今回から、開催が日曜日になったということで、参加できる頻度も増えて来るかと思います。皆さんからたくさんの刺激を頂きながら、成長して行けたらと思います。

Tag:例会  comment:4 

10月例会作品 悳子

金木犀
日の沈む車両基地や金木犀





ハオコ
禅を組むシルバーバック秋思かな


3日ほど留守にし先ほど帰宅しました。
投稿が大変遅くなり申し訳ございません。

先日の例会ではお世話になりありがとうございました。
銀座フォト句会発足当時の大変貴重なお話等を伺い改めて素晴らしい会に参加させて頂き
身の引き締まる思いです。
未熟ですが今後共どうぞ宜しくお願い致します。

Tag:例会  comment:4 

10月度例会作品 舜水

乙女薔薇花弁の露に秋匂ふ

薔薇

  バラ園で有名な神代植物公園で、秋ばらフェスタが始まったので、早速行ってきました。
  バラの中でもピンクのバラはもっとも優美で女性的、とても好きです。
  花言葉は「感銘」です。
  花言葉通りに表現できているでしょうか!


巾着田燃えて目を惹く曼珠沙華

彼岸花
  関東一の彼岸花の群生地、高麗の巾着田です。
  今年は発芽が遅く、お彼岸が過ぎた9月26日から見ごろとなりました。
  曼珠沙華の紅、樹木の緑、高麗川の青を意識して、色彩に気を配って構図をとりました。

Tag:例会  comment:4 

10月 例会作品    みすず

級友

  級友のまたひとり欠け秋深む

友の訃報の知らせが届きました。
懐かしい笑顔や声を思い出しながら寂しい気持ちを深めています。
写真は亡き友に捧げる花・・・・白い薔薇を選びました。

メーク

  まだまだよメイクファッション姥盛り

写真は静岡の掛川花鳥園で撮ったキンケイです。
キジの仲間ですから結構気が強い鳥、私も追いかけられました(笑)
胸を張ってゆうゆうと闊歩しています、メイクもファッションも派手で
近くに寄ってくるものをかッと睨んで追い返します。
「姥」と擬人化して句を作ってみました。

Tag:出展作品  comment:4 

10月例会俳句  春旭

 10月例会俳句部門の兼題は「夜長・長き夜・夜長し」でした。

 それでは、拙句を写真付きで・・・

  ホテル備えの聖書
  「長き夜やホテル備えの聖書繰(く)る」  春旭

 私は、旅先ではどうもあまり寝付きがいい方ではありません。子供が遠足の前にワクワクして、中々寝付かれないのと同じ状態なのです。いい歳をして、まだガキの部分が多分残っているんでしょうな。
 それと比べて、うちの家族の寝付きのいいこと。全員特技睡眠なのじゃないかと思うぐらい、それこそバタンキュー(表現が些か古いかな?)。
 あるホテルに泊まった時も、やはりこういう状況になりました。時間つぶしにTVなどをつける訳にもいかず、部屋の中を歩き回っている訳にもいかず、さてどうするべぇと思った時に、はたと手に取ったのがそこそこのホテルなら備えてある聖書。
 普段、聖書をあまり読む機会などないものですが、不思議に読み始めると読み物として結構面白く出来ていますよ。皆さんもお試しあれ。
 でも、さすがに最後まで読み通すことにはなりませんでした。適当な所で、ちゃんと神ならぬ睡魔が襲って来てくれました(笑)。

Tag:例会  comment:2 

10月度例会作品 中村晃也

無重力空間遠い星目指す

無重力空間遠い星を目指す

Tag:例会  comment:3 

10月例会作品 笑子

深秋や蕎麦屋の奥の怒り肩
しんしゅうやそばやのおくのいかりかた

s-深秋や蕎麦屋の奥の怒り肩フォトコン


上田市北国街道・柳町のお蕎麦屋さんです
その立派な看板にまず惹かれました(*^-^*)
この看板を見上げつつ想像を膨らませます
この店の奥ではご主人が肩を怒らせて
美味しい腰のあるお蕎麦を打っているのでは。。。と
その音や香りご主人の表情なども想像してもらえたら嬉しいです


**********************

ビルの間をどこまで飛んで秋の蝶
びるのまをどこまでとんであきのちょう

s-ビルの間をどこまで飛んで秋の蝶 (4)

この写真は撮るときに工夫をしました
手前のガラス枠を入れないことであたかも携帯を持つ女性の手がビルの窓の外に
出ているように見えます(*^-^*)
実際はスカイツリーを指さしていたかもしれませんがすこし発想を飛ばして
そこに秋の蝶を浮かべてみたくなりました

Tag:例会  comment:5 

旬の花時計 V2
カウンター
プロフィール

銀座フォト575

Author:銀座フォト575
偶数月 第3日曜日 京橋区民館
写真に575を詠んで楽しむ会です

検索フォーム
QRコード
QR