FC2ブログ

8月例会俳句   春旭

 今回の俳句は初めての試み。特定の季語を兼題にせず、句のどこかに「和」を入れ込むというゲーム感覚の句会でしたね。皆さんいかがでしたか?バラエティーに富んだ句が集まりました。こういうのも、たまには楽しかったですね。

 私的には、易しいようで難しいようなそんな感覚でした。「和」という字がポピュラー過ぎて、それこそたくさん候補が挙がる割にはどうもいまいちピンと来る言葉が浮かんで来なくて苦吟しました。
 「平和」「昭和」は他の誰かも遣いそうだし、「和食」「和室」なんてのも出そうだし、「和歌山」ではつまらない。
 いっそ「和子」という人名でもと思ったが、よく考えると自分の母親の名前なのでこれも×。
 ああでもないこうでもないと、のたうち回った挙句出来上がったのがこの句でした。中村さん、さちえさん、ふらりさん貴重な票を有難うございました。


  英和辞典の迷路
            「夏期補習英和辞典に見る迷路」   春旭

 学生時代特に英語や数学が苦手だった私は、「こんな成績ではとても志望校には入れないぞ!」とよく担任に発破をかけられていました。それがトラウマになっていて、今でも英語のテストを受けていて全く答えが書けないで焦るという悪夢を見ます。
 そんな経験がこの作品に繋がるのですから、不思議なものですね。
 写真は迷路繋がりで、隣町のイベント「ひまわり畑の迷路」です。
 写真に写ったたくさんのひまわりを、あの当時の受験生に見立てました。あの当時はベビーブームの世代だったので、競争率も半端でなく高くて志望校は狭き門だったな~

Tag:例会  comment:7 

Comment

みすず URL|
#- 2015.08.18 Tue13:12
子供が小さかった頃故郷に近い山梨でひまわりの群生している畑での
迷路に遊びに行ったことがありました。
背の高いひまわりで子供の姿は見えなくてひまわりが揺れているので
あの辺にいるなとわかる感じ、子供は大喜びでした。

和を英和辞典で・・と思いもかけない展開で面白いなと感じました。
今回は皆さんそれぞれ知恵を絞って「和」に挑戦されて楽しい会でしたね。
10月の「遊」も楽しみです。
春旭 URL|
#- 2015.08.18 Tue19:50
 みすずさん、コメントをありがとうございます。

 今回の様な趣向を変えた句会は、皆さんいかがだったでしょうね。
 確かにある意味苦吟したかも知れませんが、頭の体操にはなったかも?
 私などは「英和辞典」と奇を衒ったものの、それを俳句に結び付けるのに苦労しました。結果としてこの程度の句しか詠めず、お恥ずかしい限りです。
 もっと、みすずさんの様な格調高い完成した俳句を詠みたいものです。
さちえ URL|
#St4TUToA Edit  2015.08.21 Fri21:51
 ひまわり畑で出口の見つからない焦りと不安、
 夏期補修とくれば受験への焦りと不安、
 素敵な写真が付いて迷路が益々複雑になったみたいです。
 「英和辞典」に参りました。
春旭 URL|
#- 2015.08.21 Fri23:14
 さちえさん、「英和辞典」は苦肉の策でした。
 学生時代に、優秀な生徒でなかったことが幸いしてこの句に繋がりました。
 当時の私の焦りと不安、お解りいただけて感謝申し上げます。
たんと URL|
#/LMPCG5A Edit  2015.08.31 Mon15:54
お題は「和」という句会ですか、ユニークで面白いですね。
最近、特定の季語を兼題にせずに特定の語を入れ込んで詠むという句会の存在を
見聞するところではありますが、潮流の先端を試みておられるように感じます。
そして詠まれたのが「迷路の中の和」というのに強い感慨を覚えました。

夏期補習英和辞典に見る迷路  春旭
誰でも?が体験した学生時代の"迷路"をうまく詠まれたものだと感心いたしました。
たんと URL|
#/LMPCG5A Edit  2015.08.31 Mon17:04
追加コメントするのを失念していました。

拙ブログにおきまして毎月末に貴重な選句を頂戴し誠にありがとうございます。
ところで、先月の旧ブログでは折角の選評を戴きながらそれへのお返事が
出来ないままブログ閉鎖となってしまい、大変申し訳けないことをしました。
「編集機能は31日17時にて閉鎖」というお知らせに気づいていなかったワタシの怠慢でした。
移転先の新ブログ(楽天)「7月31日付、8月1日付」にてお詫びを記載させて
いただいていますのでお暇の折にでもご覧いただければ幸いです♪
春旭 URL|
#- 2015.09.01 Tue09:55
 たんとさん、コメントを有難うございます。

 今回の句会は、以前みんなのブログ上で開催された「青の句会」を参考にさせて頂いたものです。あの時は「青」の文字をどこかに入れ込んで発句するというユニークな企画でしたが、今回の我が句会は「和」を題材にしました。
 特定の季語を兼題にしなかった分、バラエティーに富んだ句が集まりました。「和」をどう詠むか私も苦心の一端をコメントに書きましたが、皆さんも苦労なさったようです。でも、それはそれで愉しくもあり腕の見せ所でもあったようです。
 お陰様で好評だったので、次回もこの形式で行こうということになり、10月例会は「遊」のお題と決定致しました。さて、どんな句が集まりますやら今から愉しみにしております。(今回も苦吟しそうです)
comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
旬の花時計 V2
カウンター
プロフィール

銀座フォト575

Author:銀座フォト575
偶数月 第3日曜日 京橋区民館
写真に575を詠んで楽しむ会です

検索フォーム
QRコード
QR