FC2ブログ

三の酉   春旭

 11月の酉の日に鷲神社で行われる祭り酉の市。縁起物の熊手を売る露天商が風物詩になっていますね。今年は今日29日が三の酉になります。
 昔から三の酉まである年は火事が多いと言われていますね。これはどうやら、その昔鷲神社の近くに吉原があって、当時の男共がその祭りにかこつけて遊女買いに出かけるのを案じた女性陣の吹聴だという噂です。真偽の程はともかく、今夜も境内は賑わうことでしょう。

 そこで、カシャッと一句!
  IMG_4523.jpg
     「三の酉馴染みの店の代替る」  春旭
 上記の句は大分以前に詠んだものです。これだと、写真と付きすぎるので今回句の方を下記に替えてみました。

   「賑はふも馴染みの露店代替る」  春旭
 ちなみにこの句は、以前フォト句会の俳句の兼題「時雨」の時に作ったのに没にして投句しなかったものです。オリジナルは時雨の季語で酉の市を詠んだ訳ではなかったのと、「馴染みの店」を「露店」とそこだけ替えました。何とか、付かず離れずになったでしょうか?

 時代が変われば熊手のデザインだけでなく、それを売っているオジサン、お兄ぃさん、お姐さん達の姿形も変わります。それは仕方がないことですが、いくら毎年馴染みにしている熊手屋であっても、金髪・タトゥーでスマホをいじくりながらの売り手からではどうも御利益が無さそうで買う気が失せますな~。
   

Tag:未分類  comment:4 

Comment

たんと URL|
#/LMPCG5A Edit  2015.11.30 Mon16:54
お写真の熊手、粋で豪華です。
高価すぎて、ワタシなんぞはもう何十年も買ったことありません。
これじゃご利益なんか廻ってきそうもないのですね。
「馴染みの露店」を持つぐらいでないと、です♪
小生の駄句「田の神の綻ぶ頬」に清き御一票を有難うございます(笑)。
春旭 URL|
#- 2015.11.30 Mon19:22
 たんとさん、コメントをありがとうございます。

 解散した何とかの党の党首ではありませんので、そんな高価な熊手は買えません。値段が高ければご利益があるという訳でもないのでしょう。あの党も無くなって、党首も落選してしまいましたものね。

 偶然とはいえ、たんとさんも「田の神様」の句を詠んでいらしたとは・・・。
どこまでもご縁があるようで、思わず笑ってしまいました。
みすず URL|
#- 2015.12.02 Wed07:34
三の酉の火事の事、そういうわけだったんですか~・・春旭さんは
物知りですね!

酉の市にはあまり行ったことがないのですが凄い混みようだそうで
混雑が嫌なので・・・
以前行ったときのことですがその頃短歌をやっていたので作った事
があります・・・

 ”見切り値の熊手が売られしゃんしゃんしゃん手締めが響く三の酉市”
 この詠で初めてオノマトベを使いました・・・お粗末でした(^▽^笑)
春旭 URL|
#- 2015.12.02 Wed12:37
 みすずさん、コメントをありがとうございます。

 「三の酉は火事多し」との謂れについてのこぼれ話でした。幸いなことに今は遊郭もありませんし、まして聖人君子(?)の私ですから、我が家では火事の心配はありません(笑)。

 「しゃんしゃんしゃん」が効いていますね。単に手締めだけの措辞より、耳の傍であたかも音がリアルタイムで鳴っている様な錯覚を覚えます。
comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
旬の花時計 V2
カウンター
プロフィール

銀座フォト575

Author:銀座フォト575
偶数月 第3日曜日 京橋区民館
写真に575を詠んで楽しむ会です

検索フォーム
QRコード
QR