FC2ブログ

桜散る   春旭

 昨日やっと花見日和になったかと喜んだのも束の間、一転して今日は春の嵐。
 せっかくの桜も、これで無情にも散ってしまうことでしょう。
 そこで、カシャッと一句!
 この作品は2013年4月のフォト句会に出展したものです。
 あの時の句会では、割と好評だったのを今でも嬉しく思っています。(当日採って下さった方々に感謝!)

  未完の私小説
   「桜散る未完に終る私小説」  春旭
 
 はたして桜には、毎年咲き切ったという充足感があるのだろうか?月に叢雲花に風の譬えの通り、何時もさあこれからという時に悪天候に邪魔されて、桜の意とは裏腹に無理やり散らされているのではなかろうかと私は想像しています。
 もっとこの世を満喫したかった。結果として人々の目をもっと楽しませたり、感動させたりすることが出来なかったという無常観を桜は持っているように感じるのです。
 この感覚は、作家が渾身の力をふりしぼって書き続けて来た小説を、完成の目前で何らかの理由により不意に筆を折らなければならなくなった無念さに通じるものがあるように思えます。
 実感としては、フォト575を作っていてあともう少しで傑作が生まれそうという時に、写真データごと消去してしまった場合と言い換えた方がより切実感があるかも知れない。
 
 ”嗚呼また一段と風雨が強くなったな~。桜がまた一層散ってしまうな~。”(涙)
 

Tag:例会  comment:2 

Comment

さちえ URL|
#St4TUToA Edit  2016.04.09 Sat09:27
 桜ももう終わりですね。
 独りで楽しみたいと思っていた秘密の桜も
 先日の無情の雨に散ってしまったようです。
 来年まで逢えないのは未完と言うより持ち越しですね?(^_-)

 お写真は何処かのショウウインドウでしょうか!? 
 春旭さんの、散る桜に重ねた想いが感じられるお句ですね。
 
 
春旭 URL|
#- 2016.04.09 Sat12:45
 さちえさん、コメントをありがとうございます。

 さちえさんの秘密の桜、何処にあるのでしょう?さちえさんのブログを時々拝見させて頂いていますが、方々に秘密の素敵な場所をご存知の様子ですね。それこそ、これが本当の言わぬが花でしょうか。

 写真は3年前に撮った某デパートのショウウィンドーです。このエンドレス感を、毎年繰り返す落花の無常観と重ね合わしました。
comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
旬の花時計 V2
カウンター
プロフィール

銀座フォト575

Author:銀座フォト575
偶数月 第3日曜日 京橋区民館
写真に575を詠んで楽しむ会です

検索フォーム
QRコード
QR