FC2ブログ

4月例会作品②   春旭

  ポルトガル恋歌
    「風光るポルトガル語のの歌」   春旭

 ポルトガルのアゲダという町では、毎年「傘の芸術祭」という催しがあるそうです。写真の様にカラフルな傘を通りの上に飾って街往く人々の目を愉しませています。残念ながらポルトガルはあまりにも遠いので、長崎ハウステンボスの「アンブレラストリート」で代用させて頂きました。
 フランスにはシャンソン、イタリアにはカンツォーネ、日本には演歌があるように、ポルトガルにはファドという歌があります。ファドにはどちらかというと演歌と同じ暗い感じの曲が多いのですが、中には明るいタッチの曲もあるようです。
 したがって、ファドに拘ること無く、この句の「ポルトガル語の恋の歌」は、イメージとしては「マシュケナダ」や「イパネマの娘」やフリオ・イグレシヤスの甘い歌声を連想して頂けると幸いです。
 拙作に票を入れて下さった中村さん、伊都子さん、千賀子さん有難うございました。

Tag:例会  comment:4 

Comment

さちえ URL|
#St4TUToA Edit  2016.04.22 Fri21:08
 お嬢様のお写真とか。
 親子でコラボの、羨ましいような作品を拝見できました。
 仰るように、ポルトガルと言えばファドですが
 この明るい写真俳句にはボサノバの方が合いそうですね。
 「マシュケナダ」も「イパネマの娘」も懐かしいです。
 
 
春旭 URL|
#- 2016.04.23 Sat18:59
 我が家の恒例行事「母娘旅」も、こういう思いがけないお土産があるので無駄にはなりません。来月も催される予定ですが、どんなお土産写真を撮って来てくれるのか今から愉しみにしております。

 ブラジルを代表するボサノバも「風光る」の季語が似合いますね。ブラジルの公用語もポルトガル語ですから句に合っています。ポルトガルの町のお祭りからヒントを得て作ったのですが、私もブラジルのボサノバを十分意識して、創作中にはBGMにセルジオ・メンデスやフリオ・イグレシヤスの曲を流したりしていました。
 その所為か、思いもかけず句に「る」のリフレイン効果がリズミカルに付く結果となり、作者としては嬉しい限りです。
たんと URL|
#/LMPCG5A Edit  2016.04.30 Sat20:54
「鳥帰る空は茫漠識りてなほ」
「風光るポルトガル語の恋の歌」
さすがの春旭さんワールドに引き込まれてしまいました。
「識る」「ファド」の奥層を覗かせて戴いた気分です♪
春旭 URL|
#- 2016.04.30 Sat22:27
 たんとさん、コメントをありがとうございます。

 「貝寄風や舞ひたるシテの能舞台」 たんとさん
 たんとさんの能楽の深い知識に比べたら、私の知識などとても及ぶところではありません。(汗)
comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
旬の花時計 V2
カウンター
プロフィール

銀座フォト575

Author:銀座フォト575
偶数月 第3日曜日 京橋区民館
写真に575を詠んで楽しむ会です

検索フォーム
QRコード
QR