FC2ブログ

10月例会   幸恵

         
       兼題「楽」
  鳥渡る4

   兼題だけでも四苦八苦ですのに、「楽」を入れての一句。
  平々凡々に「苦も楽も・・・」になりました。
  渡り鳥と同じく?人生も風まかせ、
  成るように成るさとケセラセラの一句となりました。

   渡り鳥の写真もなく、以前飛行機から写した雲海を加工してみました。
  何となく渡り鳥の群れに見えれば嬉しいのですが。



  二科展4

   六本木の国立新美術館は
  その建物の全面ガラス張りの明るさと斬新さで魅力的。
  コレクションは持たず、企画展や美術団体展のための
  専用施設というのも親しみやすい。
  

 
 新蕎麦

   深大寺蕎麦、頂きました。
  子供の頃育った地域性もあって、うどんばかりでした。
  転勤で東京に来て、注文したうどんの汁が真っ黒だったのは衝撃とガッカリ。
  今でこそ出汁の効いた美味しいうどんもありますが
  当時(40年前。古っ!)としては、そんな物だったのでしょうか。
  私の中では「蕎麦」は男。「うどん」は女。
  さしずめ、東男と京女のイメージです。

Tag:例会  comment:4 

Comment

春旭 URL|
#- 2016.10.20 Thu11:04
 さちえさん、先日のフォト句会お世話になりました。また、娘ミズキもさちえさんから教えて頂いたフォトスケープで、写真表現が広がったと喜んでおりました。私からも感謝申し上げます。

 写真付き俳句、まさにさちえさんのもうひとつのお名前ケセラセラに通じますね。そして、見えます!見えます!渡り鳥に。凄いですね、フォトスケープの威力恐るべし。

 国立新美術館は、館独自の収蔵品を持たないことで有名ですが、それを矜持と捉えた所に作品としての味がありますね。それにしても、この全面ガラスの窓というか壁面は絵になりますね。

 新蕎麦は、私の俳句と偶然にも蕎麦繋がりになり不思議なご縁を感じます。まして、蕎麦は男の食い物というイメージまで共有して頂けると嬉しくなります。
シズル感満載のお写真が美味そうで、今日の昼は蕎麦にするかな~。
幸恵 URL|
#- 2016.10.20 Thu21:20
 春旭様
  いつも暖かいコメントを有り難うございます。
 
  今回は、春旭様と蕎麦繋がりで光栄です。
  実は、新蕎麦の句を作る時、
  春旭様が良くお話しなさる落語のことなど思い浮かび、
  そんな一句でもと思ったのですが、及びませんでした。
  
  写真も然り、ついついフォトスケープに頼る私ですが
  撮ったものそのままで載せられるようになるのは
  いつの事やら。
  どちらも先の長ーい話になりそうです。(*_*;
  
  
  
  
  

  

    
ミズキ URL|
#- 2016.10.23 Sun14:43
三点とも素敵な作品ですね。特に私は二点目の国立新美術館の作品に心惹かれました。国立新美術館独自の収蔵品がないことを父に聞き、それを矜持と捉えられた感性、さすがです!
 お写真も異空間に誘われるようで、この空間を切り取られた幸恵さんの感性に脱帽です。
幸恵 URL|
#- 2016.10.23 Sun17:31
 ミズキ様
   有り難うございます。
  二枚目の写真は、夕方の陽が硝子の壁面を
  美しく染め上げているのに魅せられました。
  この美術館は、建物でも我々を楽しませてくれますね。
  「矜持」と捉えたのは大げさかもしれませんが
  億単位で買い求めた作品などの無い潔さに
  好感を覚えているところです。

   会でもお話しましたが、ほんの少しだけ彩度をあげております。
  お父様もよく仰いますが、PC画面で見た色合いと
  印刷してみての色合いが中々合致しません。
  そういう時はフォトスケープ様の登場です。

  ミズキさんも、
  早速フォトスケープを楽しんでおられるようですが
  堅苦しい事は言わず、自分の美意識に沿った仕上げで良いのではと
  思っている次第です。
  お仲間が出来て大変嬉しく思っております。
  これからもどーぞ宜しく~。(^^)/
comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
旬の花時計 V2
カウンター
プロフィール

銀座フォト575

Author:銀座フォト575
偶数月 第3日曜日 京橋区民館
写真に575を詠んで楽しむ会です

検索フォーム
QRコード
QR