FC2ブログ

12月例会   幸恵

       兼題「手袋」
010-2.jpg
     手袋に心残りを仕舞いこみ

  手袋、思い出の品であればあるほど思い入れは深まり
 独りよがりの句になりかねません。
 事実、ふき出すほどジットリ、ベッタリの駄句を何作か作りました。
 他にも手袋の思い出色々ですが、どうも上手くいきません。
 提出句が上手くいったとは申しません。
 これ以上は「下手の考え休みに似たり」と諦めの一句ですが、
 春旭様、中村様、船橋様、有り難うございました。


 *************************


夜咄
          夜咄やホントは怖いアンデルセン

 「夜咄」=夜の炉端でくつろぎながらの話。
      語り上手な人が昔話や作った話を聞かせたりすることもいう。
  
  写真はイギリスの片田舎の窓辺、それにアンデルセンですから、
 解釈にお困りかとは思いましたが、
 みすずさん、とく子さん、選んでくださって有り難うございました。
 幼い頃から慣れ親しんだ童話やおとぎ話が、
 実は怖い話であると言う事、その残酷さを甘いオブラートに包んで
 子供に聞かせ、読ませ、長じてから実は…と知ったその衝撃は、
 むしろ、そうであったか!納得!と、それを面白く感じたのは私だけ?


 *************************


冬紅葉
    ちりぬるを定めと知りて冬紅葉

  紅葉は秋の季語であり、例え冬紅葉、散り紅葉、としても
 12月の句としては時期を逸した感ありですね。
 行燈風の物にモミジの絵柄、それを入れ込んで撮った写真
 今年中に使いたくて登場させました。(^^;)

 

Tag:未分類  comment:4 

Comment

春旭 URL|
#- 2016.12.19 Mon00:45
 さちえさん、先週のフォト句会お世話になりました。

 俳句「手袋」に素敵なお写真が付きましたね。手袋に心残りを仕舞いこむという措辞に惹かれました。時間の関係で別れねばならぬそのもどかしさを、手袋をするという行為によって断ち切る。ある種の踏ん切りというものを感じました。
いや~!奥の深いお句です。選句させて頂いて良かった。

 「夜咄」はムードのある作品でしたね。句の内容に暗めの露出が効いています。
 本当は怖い童話集というのが、以前ベストセラーになったことを思い出しました。確かに、アンデルセンもグリムも本来は怖い内容なんですよね。同じ様に日本の昔話にも怖くて残酷な噺がありましたね。「かちかち山」なんてその最たるものです。なにせ、狸がお婆さんを殺して、その肉をお爺さんに食べさせてしまうんですから。おお怖い!
 そうだ、わらべ唄の「とおりゃんせ」や「かごめかごめ」もよく歌詞を聞くと怖いですよ~!

「冬紅葉」。関東の平野辺りでは12月に入ってからも結構紅葉が色づいているので、そんなに違和感はありませんでした。
 句の「定め」を諦観と解釈するか、「凛とした覚悟」と解釈するかによって趣が違いますね。さちえさんは、どちらとして詠まれたのかな~?
幸恵 URL|
#St4TUToA Edit  2016.12.21 Wed16:36
 
 春旭さま
  こちらこそお世話になりました。
  今回は人数が揃って賑やかでしたね。

  それと、いつもお優しいコメントを有り難うございます。
  兼題の「手袋」については、私が意図するところを
  ズバリ読み解いてくださり、我が意を得たりと嬉しい事でした。

  「夜咄」は「夜伽」と紛らわしいですよね。
  ところが夜伽にも、物語などをして相手になるという意味が
  あるそうですね。深いです!

  「冬紅葉」の”定め”を諦観とするか凛とした覚悟とするか?
  勿論、後者!と言えればカッコいいのですが
  諦観の、それも諦めの方に近いかもしれません。
  逆らわないケセラセラが信条ですので・・・。(^_-)-☆

  
  この12月の例会で、お仲間に入れて頂いてから丸二年を迎えました。
  あの時は今回のとく子さんと同じく
  写真俳句だけ提出の見学でしたが、ドキドキしたものです。
  今もなおドキドキは収まりませんが
  毎回、先輩諸氏の暖かいお気持ちの中で
  句会も懇親会も楽しく過ごさせて頂けました事、御礼申し上げます。
  来年もどうぞ宜しくお願い致します。
  良いお年をお迎えくださいますように~。
ミズキ URL|
#- 2016.12.24 Sat11:46
幸恵様
 素晴しい作品に脱帽です。特に「夜咄」の作品は薄暗い印象が「怖いアンデルセン」を見事に表現していますね。私も以前、「本当は怖い童話」という類の本を読んだことがありますが、本当におぞましい内容で子供が読むものではないと思いました。しかし、「悪いことをしたら罰が当たる」という教訓めいたものもあるのかなとも思いました。大切なことは読み手がどう感じるか。フォト575にも似た所がありますね。一つの作品を十人十色の人が読んで、いろいろな感想が生まれる。私も多くの方から愛される作品を作れるように頑張りたいと思います。
 今年は、初めて句会に参加させて頂き、皆さんともお会いできて、世界が広がったように思います。来年も成長できるように多くの作品を作り、句会に参加できたらと思っておりますので、今後ともよろしくお願い致します。
幸恵 URL|
#St4TUToA Edit  2016.12.25 Sun09:34
 ミズキ様
  コメントを有り難うございます。
  「夜咄」に共感してくださって嬉しいです。
  ミズキさんはきっと、
  幼いころから感性豊かなお子さんでいられことと思います。
  その感性で来年も私を大いに刺激して頂けるかと思うとウキウキです。
  2月例会はご参加叶うのですね!とっても楽しみです。
  
  それでは、良いお年をお迎えくださいますように~!(^^)/~~~
comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
旬の花時計 V2
カウンター
プロフィール

銀座フォト575

Author:銀座フォト575
偶数月 第3日曜日 京橋区民館
写真に575を詠んで楽しむ会です

検索フォーム
QRコード
QR