FC2ブログ

AI(人工知能)   春旭

 最近AI(人工知能)が何かと話題に上ります。その進歩は凄い勢いですね。
 宇宙開発や軍事面などだけでなく、我々に身近な自動車・電化製品・はたまた医療の分野までAIは進出しています。
 場合によっては、人間の頭脳よりも優れていることもあるようです。それが証拠に、将棋や囲碁の上級プロさえもAIに打ち負かされたというニュースがありましたね。
 その内、人間がAIに支配されるという私が子供の頃のSFの世界の話が、現実のものとなるかもしれません。映画にも「ターミネーター」とか「2001年宇宙の旅」などのAIの反乱を描いたものがありましたね。

 そこで、カシャッ!と一句

  俳句詠むAI
  「冬の旅AI俳句までも詠む」   春旭 

 写真は木星。先程の映画「2001年宇宙の旅」は木星探査衛星に積まれたAIハルが乗組員に反乱を起こすという内容でした。公開当時、筒井康隆も星新一も「愚作だ」「退屈だ」と散々な評価でしたが、どうした訳か熱烈に評価する向きもあって、現在は名作とされているようです。私は最近BSで放送されたので観ましたが、確かに映像は凄いとは思いますが超難解で最後まで観るのが辛かったな~。映画だけでなく、お前のこの写真と句のコラボレーションも超難解だとおっしゃる声が聞こえて来そうです。お赦し下さい。名作は難解なのであります。(笑)
 句のように俳句もその内、AIが詠む日が来るでしょう。小説まで書いたそうですから。古今の膨大な名句の数々をインプットしておいて、それぞれの上五、中七、下五をシャッフルして組み合わせるなんてことはAIには朝飯前でしょうから。
 でも「柿くへば ひねもすのたり 水の音」なんて句を詠まれてもな~・・・。皆さんどう思います?
 

Tag:未分類  comment:2 

Comment

たんと URL|
#/LMPCG5A Edit  2018.01.31 Wed17:02
恥ずかしながら「2001年宇宙の旅」なる映画は存じませんでしたが
なるほどユニークな内容のようですね。
言われてみると「AI俳句」というのもさもありなんです。
四季の感覚を詠み解く柔軟さも持ち合わせているのでしょうか。
俳句の世界も将棋その他と同様な展開になっていくのかもしれませんね♪
春旭 URL|
#- 2018.01.31 Wed18:47
 たんとさん、コメントをありがとうございます。
 「2001年宇宙の旅」は、1968年公開の映画でスタンリー・キューブリック監督の代表作と言われています。映画評論家の中には絶賛する人もおりますが、私的には???な映画です。疲れている時に観ると、途中で眠くなること請け合いマス(笑)

 AIの詠む俳句は、どうなんでしょうね?感動するかどうかは別にして、定型の五七五は作りそうですが、尾崎放哉の「咳をしても一人」とか種田山頭火の「まつすぐな道でさみしい」のような句は作れないかも?
comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
旬の花時計 V2
カウンター
プロフィール

銀座フォト575

Author:銀座フォト575
偶数月 第3日曜日 京橋区民館
写真に575を詠んで楽しむ会です

検索フォーム
QRコード
QR