FC2ブログ

2月例会   幸恵

 
 兼題「風光る」

049-2.jpg

  この秋に98歳を迎える母は、ずっと日記を書き続けています。
 私には、甘えもあるのか弱音を吐いたり不安を訴えたりしますが
 記された日記には感謝の言葉ばかり。
 芯のところでは揺るぎないその生き方が垣間見えます。

  今回の兼題「風光る」を無理やりくっ付けてしまいましたが
 せめて、母にとって風光る春でありますようにと願うばかりです。


 写真俳句①
2月1
    屏風絵の春呼び込んで里恋し

 青梅の歴史資料館「津雲邸」に飾られていたものです。
梅と言えばウグイスですが、この絵は珍しくフクロウ?
長い冬が終り、奥山暮らしにもそろそろ里が恋しい頃でしょうか。


  写真俳句②
2月2
    英虞湾にふくふく焼けて牡蠣の山

 伊勢志摩の英虞湾には真珠の養殖筏も浮かぶ中
牡蠣の養殖も盛んで、季節には養殖筏から上げたての牡蠣を
豪快に焼いて提供してくれます。
 ドラム缶を横半分に切った上に網を乗せて次々放り込まれる燃料の薪
ゴロゴロ乗せた牡蠣を次々焼いてくれるのです。
客は軍手を渡され、火傷に注意しながらただ夢中で食べるだけ。
暦は春ながらまだ余寒の中、冬の思い出を載せてしまいました~(^^;)。

Tag:未分類  comment:4 

Comment

春旭 URL|
#- 2018.02.22 Thu11:54
 幸恵さん、早速のアップありがとうございます。

 兼題の「風光る」、明るいイメージの季語で句会全体が華やいだ感じがしましたね。幸恵さんのお母様を詠まれたお句からは、やさしい光の様なものを感じました。お母様のお人柄も読み手に想像させて、ご高齢ながらかくしゃくとなさっているご様子などもはっきりと伝わってくる佳句でしたね。

 「里恋し」は、立派な屏風絵ですね。さぞかし高名な絵師によるものでしょう。梅に鶯ではなくて梟とは、何かの謎かけかもしれませんね。鶯の「ホーホケキョ」と梟の「ホーホー」。両方の「ホー」を取れば、「ホケキョ」が残る。とすれば、法華経に関する意味かもしれない?なんちゃって!(笑)

 「牡蠣の山」ワイルドな調理法と食べ方ですね。でも、意外とこの方が美味かったりして。以前英虞湾に行った時に、私も食べれば良かったと悔やんでいます。何しろ夕焼けの景色ばかりに目を奪われていたもので。トホホ(笑)
幸恵 URL|
#St4TUToA Edit  2018.02.23 Fri09:25
 春旭様
  有り難うございます。
 
  物知り、博学の春旭様のご感想が「法華経」に及び
  駄句でもこのように話を広げて頂き嬉しいです。
  
  英虞湾の夕景に心を奪われた方と
  食い気に心を奪われていた私の差がありありですね。
  いつかその夕景を詠まれた一句、ご披露くださいませ~(^^)/。
  
ミズキ URL|
#- 2018.02.26 Mon19:01
幸恵様
兼題の俳句は穏やかな雰囲気の溢れる素敵な句ですね。私も日記は続きませんでしたが、どんな小さなことにでも、感謝の気持ちは忘れてはいけないですよね。私も日記は無理でも、毎日感謝の気持ちを表現するようにしようと思います。
屏風絵は、一羽の梟を主人公にされているのですね。一枚の写真からここまでの物語を展開させるとは、さすが幸恵さんですね。
これからも幸恵さんの素敵な作品を楽しみにしています。
幸恵 URL|
#St4TUToA Edit  2018.02.27 Tue09:24
 ミズキ様
  お忙しいでしょうに、コメント有り難うございます。
  時間だけはたっぷりの私は妄想や想像の翼を広げての
  一人遊びが得意です(^_-)。
  なので、説明がないと意味不明の作品が仕上がる始末ですが
  いつもの「まっ、いいか!」精神で楽しんでおります。

  私も、ミズキさんの素敵な作品をたのしみにしています。
  
  
comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
旬の花時計 V2
カウンター
プロフィール

銀座フォト575

Author:銀座フォト575
偶数月 第3日曜日 京橋区民館
写真に575を詠んで楽しむ会です

検索フォーム
QRコード
QR