FC2ブログ

4月例会作品   ミズキ

 ご無沙汰しております。夏日が続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?
4月例会の作品をアップさせていただきます。

  4月例会 俳句
  愛犬につられてあくび春の昼  ミズキ
 穏やかな春の陽気の中、縁側で日向ぼっこをする飼い主とその愛犬。心地良くてあくびをした愛犬につられて、あくびが出る飼い主。「あくびはうつる」と言いますが、好きな人のあくびしかうつらないそうです。この句には、固く結ばれた飼い主とその愛犬の絆を詠み込みました。
 タケウマさん、貴重な一票をありがとうございました。



 竹林の風
  花緒すげ風のささやき瞳に映る  ミズキ
  この写真は、昨年勤続10年のお祝いでゆとり休暇を頂いた際に訪れた京都嵯峨野での一枚です。ちなみに、この後ろ姿は姉です。記念に着物で散策をしようと二人で和装体験をしました。当初は借りる予定はありませんでしたが、こうして見ると、和傘がアクセントになっていて、借りて良かったなと思います。
  上五に花緒を持ってきたのは、足下から上方へ句の情景転換を狙ったからです。また、「風のささやき」という音を視覚で捉えるという表現も句のポイントです。
  この写真をお褒め頂き、板見先生ありがとうございました。




  春日傘
  妖精の少しお洒落な春日傘  ミズキ
  私は花の名前に詳しくないので、この花が何という名前なのかは分かりません。そんなに大きくはない花なので、ローアングルで撮影してみました。何となく、陽射しを防ぐ日傘のように見え、その日傘を使っている妖精を連想しました。

Tag:例会  comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
旬の花時計 V2
カウンター
プロフィール

銀座フォト575

Author:銀座フォト575
偶数月 第3日曜日 京橋区民館
写真に575を詠んで楽しむ会です

検索フォーム
QRコード
QR