FC2ブログ

6月例会作品①   春旭

 今日6月19日は、桜桃忌に当ります。桜桃忌とは、太宰治の忌日とされています。実際の太宰の忌日は玉川上水に入水した昭和23年6月13日なのですが、遺体が発見された19日を桜桃忌として、太宰の墓所でもある禅林寺で法要が行われます。因みに、桜桃忌の由来は、太宰の晩年の短編小説「桜桃」から命名されたということです。

 今回の例会当日13日は、偶然にも太宰治が入水した70年目の忌日だったのでこの作品を出展しました。
 そして、その作品を今日の桜桃忌に合わせて、このブログにアップさせていただきました。

  桜桃忌
   「桜桃忌女々しさ遺る泣訴状」   春旭

 太宰治のファンは現在に至るまで大変多く、特に女性に人気があるようですが、小生はあまり好きにはなれません。
 若い頃から問題児で、放蕩や借金や薬物中毒や愛人問題や自殺未遂など数々のスキャンダルを起こしています。早く言えば破滅型の人間でしょうね。そしてその最期は、愛人と玉川上水で心中ときては、何をか言わんやですな。残された家族に思わず同情したくなります。
 そんな太宰が生前書いた手紙が、今も遺っています。当時の芥川賞選考委員の川端康成と佐藤春夫に宛てた有名な泣訴状と言われる手紙です。
 太宰は、余程芥川賞が欲しかったんでしょうな。「私に名誉を与えて下さい」「私を見殺しにしないで下さい」「芥川賞をもらへば、私は人の情けに泣くでしょう」などと書き連ねています。思わず、よく恥ずかしくも無く書けるもんだとツッコミを入れたくなります。結局、芥川賞は獲れなかったようですが当然でしょうね。
 おっと!これ以上コメントを書くと熱烈なファンの方々から苦情が来そうなので、これで止めておきます。(笑)

 この写真は、品川水族館の水底から魚を見上げられる通路で撮影したものです。玉川上水に入水した太宰が、水底から水面を見上げているシーンと想像してみて下さい。太宰本人は、あの時成行きでこんなことになっちゃったけど、こんな筈じゃなかったな~失敗したな~と思ったかもしれない。(笑)

 この作品に、板見先生、幸恵さん貴重な一票をありがとうございました。

Tag:例会  comment:2 

Comment

幸恵 URL|
#St4TUToA Edit  2018.06.20 Wed09:30
春旭様
 今回は春旭様にヒットした幸恵です!
 
 まずフォト575では、このお写真に惹かれました。
 不思議なお写真と思ったら
 水族館で下から見上げたものとの種明かし。
 揺らめく水面が太宰の不安定な心とシンクロするようで
 桜桃忌に相応しい作品となりましたね。

 兼題句では
 >飲み干して喧嘩祭りの只中へ・・・迷わず特選!!
 お神酒で勢いをつけて飛び込んでいくその姿が目に浮かび
 その背中に声援を送りたくなります。
 その後?
 喧嘩祭りのヒーローとなったその男は
 毎年毎年、その喧嘩祭りに向けて身体を鍛え
 益々イイ男になりましたとさ(^_-)-☆

 
春旭 URL|
#- 2018.06.20 Wed18:10
 さちえさん、コメントをありがとうございます。
 またフォト句会では、拙作に何度もヒットして下さりありがとうございました。これからも、さちえさんの感性にマッチする様な作品を作りますので、ご遠慮なく何発もヒットして下さいね。(笑)

 太宰治の悪口を言うと、結構な数の隠れファンがいるので、その都度顰蹙を買います。また、現存している太宰の写真がどれも二枚目風なので嫉妬しているのだろうと、痛くもない腹を探られます。まあ確かに、容貌をもって来られると敵いませんがね。(笑)

 喧嘩祭の句の男は、千賀子さんのお句のような無惨な姿になり、次の年からは祭り見物の方に移行したようです。もう、懲り懲り。(笑)
comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
旬の花時計 V2
カウンター
プロフィール

銀座フォト575

Author:銀座フォト575
偶数月 第3日曜日 京橋区民館
写真に575を詠んで楽しむ会です

検索フォーム
QRコード
QR