FC2ブログ

10月例会  幸恵

兼題「虫」

虫すだく
    虫すだく長き不在の狭庭にも

 実家の母は、高齢のため独り暮らしが無理となり、色々の選択肢の中からホームでの暮らしを選んでもうウン年。お気に入りの家具やテレビ、冷蔵庫、電話まで持ち込んで、これまでの暮らしを少しでも維持しながら、見守りと安全な日々を過ごしている。私は、その母と空き家となった実家を訪ねる事が隔月の恒例行事となっている。
 人の住まない家は荒れると言われるが、荒れる事よりご近所様へご迷惑の掛からぬようにと、それが一番の心配事。恐る恐る覗く実家の庭は草ボウボウ。それでも季節を知って虫たちは大合唱。友人やご近所様のお力を借りて何とか維持しているこの家も、空き家問題に直面している。さてさて、どうなりますやら。


 写真俳句①
暮の秋-2
  母も老い我も老いゆく暮の秋

 その母も私も共に9月生まれ。この秋、お互い98歳と70歳になりました。一緒に暮らしてはいないけれど、ある意味の老々介護となり、穏やかな終末に恵まれるよう願うばかりです。


 写真俳句②
 冬支度-2
  山あいの軒に一山冬支度
 
 軒先に積み上げられた薪の束。この薪の使用目的はもしかしたら陶芸の窯にくべる物だったかもしれないが、長い冬への支度と詠みました。「一山」でなく、平仮名で「ひとやま」とした方が良かったかもと、後で気付く始末。漢字にするか平仮名にするか、それだけでも随分変わりそうですね。

Tag:未分類  comment:4 

Comment

春旭 URL|
#- 2018.10.28 Sun23:10
 幸恵さん、作品のアップをお待ちしておりました。

 今回「虫すだく」と「暮の秋」を採らせて頂きました。どちらも、現在の日本社会が抱えている深刻な問題ですね。私の母親(もうすぐ91歳)も最近急に衰えが激しくなり、この2作品に共感しました。まさに他人ごとではありません。
 そうした状況を踏まえて敢えて作品に仕上げられた幸恵さんの覚悟の程と、母上を思う優しさが根底の部分で響き合っていて見事でした。

 もうひと作品の「冬支度」、陶芸の燃料とは想像しない方が正解ですね。これから長い冬を迎える北国の人々の冬支度と素直に連想したいところです。
 迷われている「一山」では、軒の向こうに冬を迎える実際の山がそこに見えているとも取れますね。したがって、私はこの句の場合なら「ひと山」を採ります。
 平仮名、カタカナ、漢字、アルファベット、わずかな違いが句の趣を大きく左右しますね。
幸恵 URL|
#St4TUToA Edit  2018.10.29 Mon09:09
春旭様
 早速のコメント、有り難うございます。今回は二つも春旭さんに採って頂き、大変嬉しい事でした。その両方が母に絡む句だった事が共感を頂けたのだと思います。
 冬支度では、春旭さんが仰るように平仮名、カタカナ、漢字、アルファベット等、その使い分けで趣まで変わるということを勉強しました。まずは提出前の推敲も大切であるという反省も込めて、これからの句作りに反映したいと思います。オッと、その前に今のこの気持ちを忘れないようにせねば・・・(@_@;)
ミズキ URL|
#- 2018.11.03 Sat19:13
幸恵様
今回の作品は、お母様との関係性を表した内容になっていましたね。
特に暮れの秋の作品は、もみじの葉二枚が美しいです。地面に散ってもなお美しさを放つ。人間も同じで、いつまでも生きる楽しさを感じられる人は美しいと思います。私もそういう人生を送れたらと思っています。
寒さが増してきた今日この頃、風邪などひかれないように、お体ご自愛ください。
幸恵 URL|
#St4TUToA Edit  2018.11.04 Sun21:58
ミズキ様
 コメント、有り難うございます。
 母と重ねて自分の老いにも思いを馳せる一句となりました。そんな中、この写真俳句に出会えたことは、今の私にとって大きな楽しみの一つになっています。趣味を持つ事も元気でいられる重要なポイントですね。
 ミズキさんも寒さに向かって、どうぞお元気で!
comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
旬の花時計 V2
カウンター
プロフィール

銀座フォト575

Author:銀座フォト575
偶数月 第3日曜日 京橋区民館
写真に575を詠んで楽しむ会です

検索フォーム
QRコード
QR