FC2ブログ

寒中お見舞い申し上げます

800大木伊都子 元朝 


画題:元朝
コメント:長崎県佐世保市郊外にある石積みの橋。靄の中、幻想的に対岸の島をつないでいました。モノクロにして「元朝や 餌づけの野鳥 集合す」(虎杖)亡き父の句を筆で書き入れました。田舎暮らしを満喫する様子がうかがえる一方、遠くに嫁いだ親不孝娘(私)には、子や孫が大勢集まる正月ではなかった両親の寂しさが読み取れました。

Tag:未分類  comment:1 

Comment

春旭 URL|
#- 2019.01.03 Thu13:22
 伊都子さん?
 ただでさえお忙しいところ、何かとお騒がせして申し訳ありませんでした。
 お陰で皆さん再びブログにアップが出来るようになりました。
 今年もご指導の程よろしくお願いいたします。

 見事な筆の運びですね。悪筆の私には羨ましい限りです。
 お父上様のご冥福をお祈り申し上げます
comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
旬の花時計 V2
カウンター
プロフィール

銀座フォト575

Author:銀座フォト575
偶数月 第3日曜日 京橋区民館
写真に575を詠んで楽しむ会です

検索フォーム
QRコード
QR