FC2ブログ

銀座フォト句会2月例会俳句部門(NET句会)

皆様、お早うございます。

今日は2月例会の日ですが、今回はNET例会に切り替えましたので、
俳句部門は下記の清記表より、何時もどおり特選1句並選1句を選句し、
句評も添えてコメント欄でお寄せ下さい。選外の句へのコメントも結構です。
選句締め切りは2月20日とします
作者は、2月21日から2月23日の間に、選やコメントへの返事や作意などを、コメント欄に入れてください。
その後、春旭さんに取りまとめをお願いします。

選句は、今回投句しなかった方や銀座フォト句会に参加していない方も歓迎します。

尚、2月度(NET)フォト句会要領につきましては、追って春旭さんからご案内いただきます。

2月兼題 『当季雑詠(冬)』

2019年2月ネットフォト句会

以上 ふらり 記

Tag:例会  comment:11 

Comment

春旭 URL|
#- 2019.02.13 Wed12:00
 ふらりさん、お世話になります。
 本来ならば、今日が2月例会当日なのでしたね。
 秀句が多すぎて悩みましたが、いつもの句会の様に、エイヤッ!と直感でえらびました。

 春旭選
   
 特選 
  NO3 花言葉一つ覚えて春隣
  *具体的に何の花の花言葉なのかは定かではないが、おそらくこれから咲く春の花だろうと想像する。その花言葉は明るく華やいだイメージだと「春隣」の季語が語っている。何より行く手に希望を感じさせる。読み手の心の中に明るい春の陽光がさしてくる秀句だ。

 並選
  NO6 一人立つ棚田の駅に風花す
  *映画のワンシーンを観ているような気にさせる句だ。孤独感がひしひしと伝わってくる。これから列車に乗ってこの地を離れるのか、逆にこの駅に列車から降り立ったのか解釈が分かれるが、私は前者と想像する。「風花」を「風花す」と動詞で表現したことで、風花の量や舞い飛ぶ情景が目に浮かぶようだ。

    

    
ミズキ URL|
#- 2019.02.17 Sun20:44
皆さん、こんばんは。
私が選句したものをご報告致します。

特選
No.6 一人立つ棚田の駅に風花す
俳句だけで、映像が浮かびました。人気のない駅で電車を待っている主人公。そこに綿のような雪が舞ってくる。なんと美しい光景でしょう。17音でそれを表現する巧みな技に一票です。

並選
No.11 春の紅あの日の母は何処へと
華やかな印象の中に一抹の寂しさを感じます。この主人公のお母様は、今は変わってしまったのかもしれませんが、主人公の心には春の日差しのような明るい笑顔が焼き付いているのかもしれませんね。
ふらり URL|
#- 2019.02.18 Mon08:43
皆さん

おはよう御座います。
ネット句会宜しくお願いします。

ふらり 選

特選 No.2.
鎮魂の曲となりゆく虎落笛

鎮魂の曲と言えば、静かな曲を思い浮かべます。一方、虎落笛は日本
海の冬の荒々しさを感じさせます。この相対するイメージを結びつけ
た、見事な一句だと思います。
この大胆な構成のもと、中七の〝なりゆく〟は「成る」と「鳴る」
を掛けた小さな隠し技も私の好みです。

並選 No.10
冬ざるる独りの庭のもぐら塚

この作品は、なんと言っても下五のもぐら塚が効いていると思いま
す。
上五中七は、冬ざれた庭に一人居ると言う、寂しさに満ちた展開を
受けて、下五の突如として意表を突いたもぐら塚。
冬の厳しさ寂しさの中で、見えはしないけど生き物の温かさを感じさ
せると同時に、ヒョッコリもぐらが顔をだしそうな、何かユーモラ
スささえ感じさせる、ステキな作品だと思います。
千賀子 URL|
#St4TUToA Edit  2019.02.18 Mon12:47
選句いたします。

千賀子選

特選
 
 読み止しの詩より轟音冬籠

この詩とはどんな詩なのでしょうか。
浅学の私に想像できる作品は皆無ですが、
俳人水原秋櫻子の
 滝落ちて群青世界とどろけり
の句が浮かびました。
文学作品から情緒を味わうことはもちろんですが、そこから立ち上る音や色を感じることも楽しみの一つです。

並選

 水仙の売り娘に母の国訛り

「すんませーん

そこの水仙包んでくなんしょ
そうだなぁ、10本ばかしで悪いけんじょ

水仙はいい匂いするもんなし」


(あらやだ!お母さん
訛りで売り娘さんに話し掛けて
ずいぶん気分が良かったのかしら
あの感じ良い笑顔されたら嬉しかったのね
娘の私はいつも注意ばかりで優しくないもの

また連れてくるからね)
悳子 URL|
#- 2019.02.19 Tue11:18
皆さま
お早うございます。
ネット句会よろしくお願い致します。

悳子選

特選
No.10
冬ざるる独りの庭のもぐら塚

荒れさびれた冬の光景がまず目に浮かびます。
そして独りの庭にズームイン…人恋しさが伝わってきます。
最後にスポットを浴びたのが何と「もぐら塚」!
お庭にポコポコと土が盛り上がっているのを目にした途端
関心は土の中の生き物に!寒さも寂しさもすっ飛びます。展開が素敵です。


並選
NO.3 
花言葉一つ覚えて春隣

どの様なお花でも持っている「花言葉」
色や数によっても変わるという「花言葉」
正直覚える事が出来るのはほんの少しです。

冬真っただ中のモノクロの世界で作者が初めて見つけた春の花だったのかも。
さあ、春…今年は幾つの「花言葉」を覚えられるか?
春を待つ期待感の溢れる作品ですね。
耕人 URL|
#- 2019.02.19 Tue11:52
耕人 選

特選 No.10
読み止しの詩より濤音冬籠
並選 No.3
花言葉一つ覚えて春隣

以上
耕人 URL|
#- 2019.02.20 Wed09:01
舜規 選

特選 : No.5 凍空を登る煙に別れ告ぐ

コメント:この句は、冬の情景が眼前に浮かんでくるようで、春が待ち遠しい気持ちが伝わってくる素晴らしい句と思い選びました。

並選: No.2 鎮魂の曲となりゆく虎落笛(もがりぶえ)

コメント:わたしには、鎮魂と虎落笛が、ちょっと、結び付きませんでしたが、なんとなく心が揺さぶられたので、選ばさせていただきました。
たんと URL|
#/LMPCG5A Edit  2019.02.20 Wed17:27
たんと選

◎特選: No.3 花言葉一つ覚えて春隣
(選評)明るい春の花を愛でながら、長かった冬ともいよいよお別れできないす。
読み手にも春を迎える温もりを感じさせホッとする気持ちが伝わってきます。

○並選: No.2 鎮魂の曲となりゆく虎落笛
(選評)電線が唸るような、独特な虎落笛を聞いていると何やら「鎮魂の曲」に聞こえてきます。
作者にとって決して忘れることのできない悲しい出来事が脳裏を掠めます。早く収まってくれと
フトンのなかで蹲っているような景を想像します。
 |管理人のみ閲覧できます
# 2019.02.20 Wed20:13
このコメントは管理人のみ閲覧できます
タケウマ URL|
#mQop/nM. Edit  2019.02.20 Wed20:23
タケウマです。
あはは、コメントにロックをかけてしまいました。
上の管理人のも閲覧できますはボクのコメントでした。
以下、選句です。

特選
No.6 一人立つ棚田の駅に風花す

情景が浮かびますね♪

並選
No.4 水仙の売り娘に母の国訛り

こちらは声が聞こえてきます♪
春旭 URL|
#- 2019.02.22 Fri15:36
 みすずさんから選句をお預かりしましたので、代理でコメントを入れさせて頂きます。

 みすず選

 特選
  NO10 冬ざるる独りの庭のもぐら塚

 並選
  NO6 一人立つ棚田の駅に風花す

 以上です。

 みすずさんのお怪我の方は、快方に向かわれているそうです。(よかったです)四月の例会には、元気なお姿を拝見出来ますことを楽しみにしています。

 今回の俳句の選句結果掲載は、現在フォト575作品の募集中ですので、その締め切りが過ぎてからアップさせて頂きます。
 俳句の選句をまだなされていない方は、それまで若干の余裕がありますのでご遠慮なく選句に参加なさって下さい。
comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
旬の花時計 V2
カウンター
プロフィール

銀座フォト575

Author:銀座フォト575
偶数月 第3日曜日 京橋区民館
写真に575を詠んで楽しむ会です

検索フォーム
QRコード
QR