FC2ブログ

第3回  ネットフォト句会作品

あたたかい言葉繕う針になる
あたたかい言葉繕う針になる

あたたかいことばつくろうはりになる

Tag:ネットフォト句会作品  comment:4 

Comment

ミズキ URL|
#- 2019.05.25 Sat18:54
ミズキ選:心に空いた穴など、傷ついた心を癒すのは、やはり人の思いやりです。形には表せない温かい言葉が針となって心の穴を繕う、何とも温かい作品です。きっと作者の方の心も同じように温かいのではと思いました。
悳子 URL|
#- 2019.05.28 Tue10:11
悳子選

真っ先にこの作品に心を奪われました。詳しくは分かりませんが、
これはお蚕さんから糸を紡いでいる過程でしょうか?
懸命に口から糸を吐き出し作り上げた繭玉。

クローズアップされた職人さんの手に「命」に感謝する想いが伝わってきます。またその被写体に優しい眼差しでシャッターを切っている作者も見えます。
絹糸はお蚕さんのもの…でもその糸を通す針になり「あたたかい言葉」を紡いでいく…素敵ですね。
みすず URL|
#- 2019.06.04 Tue23:19
今晩は、この作品はみすずです。

ミズキさん、悳子さん、貴重な一票をありがとうございます。

写真は悳子さんの仰る通り繭を繰る女性の手です、世界遺産になった
富岡製糸場の展示中の一端です、細い糸が女性の優しい手指から魔法
のように紡がれる・・それをうっとりと眺めていました。

見ているうちに句が浮かんできました、ミズキさんはお若いのに句を
読み取る感性があって私の心の中をしっかりと受け止めて下さった事
に感謝します、悳子さんも同様・・やはり女性でなければですね。
春旭 URL|
#- 2019.06.04 Tue23:54
 今回は、みすずさんの作品がどれなのか見抜けませんでした。
 格調高い作品ですね。こういう句は私には詠めません。ある意味嫉妬を覚えます。
 人間力の違いというか、人生の達人というか、そして眼差しの温かいお人ですね。やはり、根底にあるものが違う気がします。
 毎回思わず唸らされる作品を連発されるみすずさん、「然もありなん」です。
comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
旬の花時計 V2
カウンター
プロフィール

銀座フォト575

Author:銀座フォト575
偶数月 第3日曜日 京橋区民館
写真に575を詠んで楽しむ会です

検索フォーム
QRコード
QR