FC2ブログ

第3回ネットフォト句会作品

  花冷えの唇
       花冷えの唇が言うさようなら

Tag:ネットフォト句会作品  comment:9 

Comment

ふらり URL|
#- 2019.05.22 Wed09:37
ふらり 選
このバラの様な官能的な唇で、冷たくさようならと言われたら・・・・
あーもう花冷えどころではなく、凍死しそうです‼️😄
耕人 URL|
#- 2019.05.23 Thu20:04
耕人選:これは面白いですね~。
目鼻は見えないので、取りあえず〝くちびる美人〟からの、
心も凍える冷たい別れのメッセージ。
薔薇の花びらもこうして大きくしてみると以外に不気味。
「さよなら」と言われ、何やらホッとするような気もします。
作者はきっと男女の深遠さを知り尽くした、
恋の手練れではないでしょうか???。
幸恵 URL|
#St4TUToA Edit  2019.05.26 Sun16:21
 カッコイイ~!! バラですよね!?
深紅でないところが「さようなら」に優しさが含まれているように思えますが、その優しさゆえに未練が…。ああ、妄想は止まりません。
川崎 URL|
#A.uUbU0s Edit  2019.05.27 Mon21:41
川崎選
花びらが重なることで「さようなら」って
ずっと言っているみたい
余韻としての、さよならとぞ思う
春旭 URL|
#- 2019.06.01 Sat18:21
 この作品の作者は、春旭でした。
 ふらりさん、耕人さん、幸恵さん、川崎さん貴重な一票をありがとうございました。
 写真をバラのアップだと思われたようですが、正解は姫椿です。花びらの奥の方が、さようならの「う」を言っている唇の形に見えたので、この作品に繋がりました。
 句は私の遠い恋の思い出です。男は若い頃、年上の女性に憧れるものです。私も御多分に洩れずその一人だった訳ですが、当時何かと影響を受けましたね。
 ぼ~っとその日暮しの日々を過ごしていた田舎のアンちゃんに、音楽や文学や人生までも教えてもらいました。ハイネの詩集や、ヘルマン・ヘッセの「車輪の下」を知ったのもその人からの影響です。東映のチャンバラ映画、少年マガジン・サンデー、司馬遼太郎、広沢虎造、落語ばかりに興味のあった私にはまさにカルチャーショックでしたね。(今思うとレベルの高低ではなく、ジャンルの興味の違い)
 憧れはやがて恋へと発展し色々な出来事がありましたが、最後は「いつまでもいいお友達でいましょう。さようなら」という定番のお別れの言葉で終りました。(涙)
 私は、その後その時の恋の痛手を随分引きずりました。そう言えば、その人のお薦めの本にクローニンの「城砦」がありましたが、私は恋のクローニン(苦労人)になりました。(笑)
 
ふらり URL|
#- 2019.06.02 Sun00:13
春旭さんの作品でしたか‼️😄
そうですね、たしかにこの花は薔薇では無しに椿ですね。
さようならと言った女性のイメージは、薔薇と想像するか、椿と想像するかで、若干違ってくるかもしれませんね。
花弁が「う」の唇の形というのは、さすが春旭さん、細かいところまで意識した作品ですね‼️😄🎶
耕人 URL|
#- 2019.06.02 Sun10:50
ああ、やっぱり恋愛の手練れ、春旭さんでしたか。
あらためて作品を見直すと重層的な花弁の奥行きが
男女の際限のない愛憎を表現しているようで
とってもゲージュツ的な趣が感じられますね。
作者の長く深く(辛い?)体験から紡ぎ出された成果ですね、きっと。
耕人 URL|
#- 2019.06.02 Sun10:52
ああ、やっぱり恋愛の手練れ、春旭さんでしたか。
あらためて作品を見直すと重層的な花弁の奥行きが
男女の際限のない愛憎を表現しているようで
とってもゲージュツ的な趣が感じられますね。
作者の長く深く(辛い?)体験から紡ぎ出された成果ですね、きっと。
春旭 URL|
#- 2019.06.02 Sun11:34
 クローニン?の春旭です。ふらりさん、耕人さん、コメントをまた貴重な一票をありがとうございました。

 恋愛の手練れ?とんでもない!偏に、どん臭かっただけでございます。
 ただ、これだけは理解しました。「恋は男をこんなに泣かす」と(涙)
 ふらりさん、おっしゃる様にバラと椿の違いで愛憎の度合いが違って感じられます。青春の佳き思い出とするならば、椿の方が最適であろうと解釈して下さい。
comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
旬の花時計 V2
カウンター
プロフィール

銀座フォト575

Author:銀座フォト575
偶数月 第3日曜日 京橋区民館
写真に575を詠んで楽しむ会です

検索フォーム
QRコード
QR