FC2ブログ

第3回ネットフォト句会作品

 風と戯れる夏帽子
   見えざるる風と戯る夏帽子

Tag:ネットフォト句会作品  comment:6 

Comment

ふらり URL|
#- 2019.05.22 Wed09:32
ふらり選
雛罌粟を帽子に見立てた作品ですが、風は見えないものですが、それを意図的に言い、人にはあまり感じないほどの微風に揺れている状況を、しかも楽しそうに遊んでいる様に戯れるとしたところに、繊細な表現力が素晴らしいです。。
ミズキ URL|
#- 2019.06.01 Sat22:07
この句の作者はミズキでした。
風に揺れるお花を撮ってみたところ、風に舞っている帽子を連想しました。また、風という、目に見えないけれど、存在を感じることができるという、何だか不思議な感じを帽子と取り合わせて作品にしてみました。
配置も、花一輪の脇の余白で風の存在を強調してみました。
ふらりさん、貴重な1票をありがとうございました。
ふらり URL|
#- 2019.06.02 Sun00:06
この作品は ミズキさんでしたか‼️
作者は若い感性の方かなと思いましたので、アタリでした。
写真の余白で風を表現する、素晴らしいですね‼️😄🎶
ミズキ URL|
#- 2019.06.02 Sun14:00
ふらり様、コメントを頂きありがとうございます。
まだまだ皆さんについて行くことで精一杯ですが、皆さんから良い刺激をいただいて、成長できたらと思っています。
耕人 URL|
#- 2019.06.03 Mon15:53
ミズキさんらしい繊細な作品ですね。
ポピーの透明感がとても瑞々しく、鮮やか。
それを風に揺れる夏帽子にたとえる措辞は、
オジサン世代には逆立ちしても無理(笑)。
こちらこそ、若い感性に勉強させてもらっています。

せっかくですから、その「夏帽子」を上五に持ってきて、
(また「見えざるる」とはあまり言わないので…)
「夏帽子見えざる風と戯るる」としたら如何だったか。

一見、眼に飛び込む花の黄色の強さだけに、
夏帽子という比喩は文頭で響き合わせた方が効果的では?
と感じた次第です。




ミズキ URL|
#- 2019.06.03 Mon19:26
板見先生、ご丁寧な添削とアドバイスをありがとうございます。
句の配置を変えるだけで、これほどまでに印象が変わるのかと感銘を受けております。
まだまだ未熟者ですので、今後もご指導、ご鞭撻のほどよろしくお願い致します。
comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
旬の花時計 V2
カウンター
プロフィール

銀座フォト575

Author:銀座フォト575
偶数月 第3日曜日 京橋区民館
写真に575を詠んで楽しむ会です

検索フォーム
QRコード
QR