FC2ブログ

6月例会作品  幸恵

2019-6月②

    忖度は神代の頃も青嵐
 
 神聖な場でもある神社での一コマ。
中の様子を伺っておられるその仕草が面白く、思わずシャッターを切りました。その様子から流行語?の「忖度」を連想し句に詠み込んだのですが、今にしてみれば、もっと相応しい季語があったかも・・・と反省中です。




2019-6月①

    この米を待つ人がいて田植え唄

  旅先で見かけた田植えの光景です。
私自身、田植えそのものを見かける機会もないこの頃、手植えをしておられるその姿は郷愁に駆られる光景でもありました。おそらく、都会で過ごす子や孫の為にせっせと田植えをしておられるのであろうと勝手な想像を膨らませた時間でした。

Tag:例会  comment:4 

Comment

春旭 URL|
#- 2019.06.17 Mon00:04
 幸恵さん、先日のフォト句会での司会進行役お疲れ様でした。お陰で楽しいひと時を過ごすことができました。
 今回の例会は、フォト575部門、俳句部門とも一段と力作揃いでしたね。その中でも、「青嵐」は皆さんの目を引き付けていました。神主のちょっとした仕草が、何よりもベストショットでしたね。ユーモア感覚に溢れています。
 句の「忖度」誰もがすっかり読めるようになりました。(笑)そういう意味ではまだユーモアとして遣えますが、何年か経つと陳腐化したり意味不明になるので要注意かと・・・?(今回の私の「泣き売」のように)
 感心したのは、文字入れの位置。鈴を鳴らす綱に入れ込んであるとは気付きませんでした。芸が細かいですね~。こういうセンスが大好きです。

「田植え唄」はノスタルジックな作品でしたね。この田んぼで作られたお米は、通常の米と比較して数段味が違いそう。この手間暇をかけて入念に米作りをする姿勢は、我々が今後作品作りをする上でも参考にしたいものですね。
幸恵 URL|
#6bgVEOqg Edit  2019.06.18 Tue09:11
春旭様
 コメント、有り難うございます。
 拙句に対して細やかなところにまで目配り気配りを頂き、いつもながら萎えかけた気持ちを引き上げて頂く思いです。
 それにも増して嬉しいのは、こうして皆様の作品が次々とアップされ、例会時のみでなく何時でもネット上で楽しませて頂ける形になったことです。新しい流れにも沿った「銀座フォト句会」ですね。これからも宜しくお願い致します。
耕人 URL|
#- 2019.06.19 Wed00:24
幸恵さん、先日はお疲れさまでした。春旭さんがいつもの美声のコンディションが悪いとのことで、悳子さんとお二人で急遽進行を担当していただき申し訳ありませんでした。
今回の「忖度は…」は、ユーモラスで軽味の効いた楽しい作品で印象に残っています。神主さんのちょっとした仕草が、神様に特別にお伺いを立てているような印象があって、愉しい作品ですねぇ。神妙と軽妙がちょうどよいバランスで成り立った感じ。下五の「青嵐」も悪くないんじゃないですか? 若草色の衣装と響き合わせるなら「若葉風」でもいいかもしれませんね。ウイットの効いた洒落た作品ですね。フォト575のために、こういうスナップも撮っておくものだ、としみじみ参考になりました。

「この米を…」は、生活環境が滲み出ていて好きです。おそらくここの田は、自家用のプライベート田んぼかも知れないですね。出来た米は自家消費か東京に住む子供たちに直送されるのでしょうね。聞いた話では、農家の人たちは自分たちのお米は天日干しで、一番美味しいお米を食べているそうですね。それは生産者特権であって、当然なことなのでしょう。お父さんが一人で機械植えの手直しをしているところがリアルで、背景の生活感もよく出ていますね。背景の空け方や文字の位置なども、うまいなあと感心します。ひとり田植えのお父さんの「田植え歌」聞いてみたい気がします。意外とユーミンの「春よ来い」なんかだったりするかもしれませんね(笑)。
幸恵 URL|
#St4TUToA Edit  2019.06.19 Wed21:34
耕人様
「忖度」「田植え唄」、それぞれへのコメント有り難うございます。
「こういうスナップも撮っておくものだ」には、そっくりそのまま5月の耕人様にお返しいたします。そこにある何気ない素材が、写真俳句では生き生きとした作品になるという事を実感したばかりです。そして「写真俳句」の面白さを再認識しているところです。
 それと、耕人様が鑑賞してくださるコメントには、音楽が付いてきます🎶 。今回はユーミンを連想してくださいましたね。有り難うございました!!
comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
旬の花時計 V2
カウンター
プロフィール

銀座フォト575

Author:銀座フォト575
偶数月 第3日曜日 京橋区民館
写真に575を詠んで楽しむ会です

検索フォーム
QRコード
QR