FC2ブログ

8月例会作品 悳子

美らの海
美(ちゅ)らよりのナポレオンフィッシュ爽やかに

都会の真ん中の「銀座ソニーパーク」に涼を呼ぶ色鮮やかな熱帯魚およそ
1,000匹がエメラルドグリーンの沖縄美らの海からやってきました。
期間限定のこのイベントはもはや銀座の夏の風物詩となっています。
「Sony Aquarium 2019」 7月26日より8月18日
この熱帯魚の中でもメインキャストはナポレオンフィッシュ。
優しく人懐っこい瞳に癒されます。
この日は朝から夕立が降り滑り防止のテープが張られ厚い水槽越しで私の腕では
ピントが合いません。
彼?彼女の目に銀座はどの様に映ったのでしょうか?



青嶺
ゴンドラと雲かけのぼる青嶺(あおね)かな

最近はやりの山ガールには勿論ほど遠く利用できる乗り物をすべて使って夏山へ。
リュックには高山植物ミニ図鑑も忍ばせて。
街中のお花も全く詳しくありませんしすぐ名前も忘れます。
でも確かめる楽しさが最近やっと分かってきた様な。
夏山の湧き立つ雲にも魅了されます。

Tag:例会作品集  comment:4 

Comment

春旭 URL|
#- 2019.08.26 Mon11:36
 悳子さん、先週のフォト句会お疲れ様でした。
 また、早々に8月例会の作品アップありがとうございました。

 銀座ソニービル前の大型水槽、毎年涼を呼びますね。今回は、偶然にも石田さんと同じ題材の写真になりましたが、お二人の個性が被らずに表現されていましたね。石田さんは、水中から見た異次元の世界の様な銀座の街。悳子さんは、銀座の街を威圧するように泳ぐナポレオンフィッシュの堂々とした迫力。あの撮影し辛い被写体を、見事に写し留めて流石です。

「青嶺」は、非常に清々しさを感じさせるお写真でした。白馬は10年以上前に家族で行った事がありますが、いい処でしたね。景色も然ることながら、宿泊したホテルに感動しました。
 句の「雲かけのぼる」の表現が効いていますね。私ら家族も健脚ではないので、ゴンドラを利用しました。文明の利器は有り難いですね。この景色を労せずに堪能出来るのですから。
 この後栂池を散策しましたが、妻子に「くたびれた。動く歩道は無いのか」と文句を言われました。そんなものあるわけ無かろうが、アホ!(笑)
悳子 URL|
#- 2019.08.26 Mon22:12
春旭様
いつもお世話になっております。
ご苦労も多々おありと思いますが何時もにこやかに接して頂き、
初心者にとりまして何時も感謝しております。

コメントもありがとうございます。
日時は違いましたが石田さんと同じ水槽を眺めていた事になりますね。
石田さんのお句 >日盛りを銀座にひとりわれ無心
まったく同じような気持ちで水槽を眺めていた気がします。

青嶺ですが白馬の八方尾根、栂池公園も素晴らしいですね。
以前横手山に行きましたがぐるっと横手山をエスカレーターとリフトで
天空散歩できるのには驚きました。エスカレーターと言わずスカイレーター
と言っていましたね。文明の利器で一期一会の圧倒される夏雲にも
出会えるのですから。

さて先日私のブログの件ですが日記代わりのとりとめのないブログです。
もしお時間がございました時にでも。

https://tokky.exblog.jp/
きのう・今日・あした
耕人 URL|
#- 2019.08.27 Tue17:31
悳子さん
爽やかな作品2点、見せていただいて
ありがとうございます。
どちらも美しいブルーが基調の色となって、
まだ続きそうな残暑を清算してくれるようです。

ソニービルの水族館は、舜規さんとはまた違った趣で、
画像を大きくして拝見すると魚体のディテールに
都会の映り込みがうまく重なり面白い効果が出ています。
一匹に絞り込んで作画されたせいで、魚の孤独感さえ感じます。
季節感や魚種は違いますが、
金子兜太の「梅咲いて庭中に青鮫が来ている」
というシュールな句を思い出してしまいました。
ブルーの色調のせいか、ダブルイメージのせいでしょうか。

「ゴンドラと雲」の作品も気持ちのいい写真ですね。
ゴンドラのほうは実際は見えないにもかかわらず、
「かけのぼる」という語句の効果によって
静かな風景と雲の中を軽快に上昇してゆく
そのスピード感と愉しささえ感じさせてくれます。
写真と言葉で作者の印象を最大限に伝えるという
フォト575効果が十二分に発揮された作品だと思いました。





悳子 URL|
#- 2019.08.31 Sat23:22
板見先生 こんばんは。

八月も終わってしまいますね。
暑く自然災害も多かった今年の夏でしたね。
9月からは明るく気持ちの良い日々になって欲しいものです。

コメントありがとうございます。
俳句歴は新しいものの「「梅咲いて庭中に青鮫が来ている」には
強い衝撃を受けた記憶があります。

単に青鮫に似たブルーで良かった!です。
有難うございました。
comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
旬の花時計 V2
カウンター
プロフィール

銀座フォト575

Author:銀座フォト575
偶数月 第3日曜日 京橋区民館
写真に575を詠んで楽しむ会です

検索フォーム
QRコード
QR