FC2ブログ

10月度例会俳句   ふらり

百円の鬼平五冊夜長かな

鬼平

俳句で出したものに、後から強引に写真を作りましたので、全くベタになってしまいました。
時間が許せば、鬼平ゆかりの地の写真と組み合わせたかったのですが。
句も鬼平に助けられで、言い訳ばかりです。

Tag:例会  comment:6 

Comment

春旭 URL|
#- 2019.10.27 Sun11:38
 ふらりさん、お句にピッタリの写真が付きましたね。
 これは飽くまで句に対して添える写真ですから、ベタ付きを気になさることは無いと思います。むしろ鬼平ゆかりの地の写真よりも、秋の夜長を鬼平本の読書三昧で過ごしているという感じが鑑賞する側にすんなりと入って来ます。
 でも、五冊は些か多いような気がする。読み終える前に、夜が明けそう(笑)
 句のリズムから五冊にしたのでしたね。確かに2冊では夜長を強調するには少ないし、3・4冊では語呂が悪い。ふらりさんの苦心の跡が、読み手にもひしひしと伝わりました。
耕人 URL|
#- 2019.10.27 Sun16:02
ふらりさん
お願いがあります。
次は藤沢周平で作ってください(笑)。
でも、鬼平、秋山小兵衛…といった強烈なキャラがいませんね、藤沢の小説には。残念!
鬼平は、文字数、知名度という意味で絶好の俳句登場キャラ。適切な配役に感心しました。
ふらり URL|
#- 2019.10.27 Sun20:01
春旭さん
有難うございます。
そうなんですよ。何とも適当な数が無くての苦肉の選択でした。
言い訳を続ければ、これからの夜長用に、5冊まとめて買ったと言うことで濁しておきます。^_^
ふらり URL|
#- 2019.10.27 Sun20:13
耕人さん

藤沢周平がお好きとおっしゃってましたね。
実は、最初は作家名で考えて、その中には周平もあったのですが、どうもインパクトが弱いので主人公に変えました。
使ってみると、かなりインパクトもあり音数も丁度良く、まさに俳句向きで鬼平に助けられました。
みすず URL|
#- 2019.10.29 Tue11:06
ふらりさん

鬼平、テレビでよく観ていました、義父が時代劇ファンでしたので
昔のことをいろいろ若い嫁?の私に説明してくれました、義父は
家族の間では「百科事典」とあだ名がついていてわからないことは
なんでも聞きに行くと的確に答えが返ってきました、今は検索で
”ググ”っています( ´艸`)

ふらり URL|
#- 2019.11.01 Fri17:41
そうでしたか。
義父様もお好きでしたか。
池波正太郎の作品は、どちらかと言えば男性に人気かと思いますが、その中でも鬼平犯科帳がダントツではないでしょうかね。
藤沢周平の人情を書いた話に対して、鬼平の強烈な存在感とスカッと感が人気の理由でしょうかね。
comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
旬の花時計 V2
カウンター
プロフィール

銀座フォト575

Author:銀座フォト575
偶数月 第3日曜日 京橋区民館
写真に575を詠んで楽しむ会です

検索フォーム
QRコード
QR