FC2ブログ

第6回ネットフォト句会作品

山寺

秋深き隣は何をする人ぞ

Tag:ネットフォト句会作品  comment:4 

Comment

ふらり URL|
#- 2019.11.19 Tue08:21
写真は、対峙する峰に立つ僧坊と見ました。
それぞれの坊に居る僧侶は、相手の事が気になるが、容易にコミュニケーションが取れず気になっている、そんな状況を表現している作品と思いました。
今回の作品群を見ると、原句を其々の作者が其々に解釈した作品が多い中で、この句は芭蕉の詠んだ心情を、素直に表現しようとした作品と見て、一票を入れさせてもらいました。
耕人 URL|
#- 2019.11.20 Wed12:56
山形立石寺の納経堂でしょうか。「閑かさや岩にしみ入る蝉の声」の“聖地”を秋に転用した大胆さ。でも写真が爽やかで素敵ですね。思わず心を掴まれます。大胆不敵ならぬ大胆素敵(笑)。
周囲から孤絶したお堂の“隣”って? という素朴な疑問。十万億土の世界? 極楽浄土? ここですでに作者の術中にまんまと嵌まっていることに気づく愉しさ。これぞフォト俳句の創るワンダーランド。
秋のひと日、仏教世界の果てまで気持ちを誘ってくれた、この作品に感謝!

船橋 (ふらり代) URL|
#- 2019.11.26 Tue22:20
この作品は船橋さんの作品で、山寺で撮影したものだそうです。
春旭 URL|
#- 2019.11.27 Wed15:59
 船橋さん、ネットフォト句会へのご参加ありがとうございました。
 写真から立石寺だということは、すぐに分かりました。この寺には芭蕉の有名な句”閑さや岩にしみ入る蝉の声”の句碑があったので、芭蕉繋がりだと気付きました。この洒落っ気が堪りませんね。
 二十五年前、この地を家族で夏休み旅行で訪れました。絶景でしたね。懐かしく思い出されます。
comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
旬の花時計 V2
カウンター
プロフィール

銀座フォト575

Author:銀座フォト575
偶数月 第3日曜日 京橋区民館
写真に575を詠んで楽しむ会です

検索フォーム
QRコード
QR