FC2ブログ

12月例会作品   春旭

 12月例会からまだ1週間ぐらいしか経過していないのに、随分と日にちが経った様に思われますね。これも、師走特有の気忙しさでしょうか。まだ良かろうとアップしないでいたら、最後の方になってしまいました(汗)。慌ててアップ致します。

 ★12月例会俳句部門 
 今回の俳句部門の兼題は「年末雑詠」ということでした。
 それでは、拙句を写真付きで・・・。

  社会鍋
  「児の篤(あつ)き十円混ざる社会鍋」  春旭

 年末雑詠ということで「社会鍋」の季語を選択いたしましたが、見事撃沈致しました。(涙)「社会鍋」自体が、もうすでに死語に近かったようです。句会でも、一部の方はご存知なかった。家の娘達に至っては、”キムチ鍋”や”ちゃんこ鍋”の一種と思ったらしいです。「歳末助け合い募金」と言った方が理解できるのでしょうが、それだとそれだけで12音も使って、とても俳句を作れない(笑)。
 最近社会鍋をあまり見かけなくなったのは、募金を募る側の衣裳の所為らしい。上記の写真はそうでもありませんが、大抵はミリタリールック、軍服姿です。それが原因で、助け合いどころか軍備増強募金のように誤解されてしまうのです。別名の「救世軍」というのも、どこか時代遅れで誤解され易いネーミングですね。
 おっと!「社会鍋」の解説よりも、句意でした・・・。たかが10円でも、幼い子供にとっては大事なお金の場合があります。社会鍋の中には、100円玉や500円玉、1000円札、時には10000円札なんかも入っている。遊び半分にはした金のつもりで入れる輩もいる中で、幼児の大事な10円が篤い思いと一緒に混ざっているよ、という句でした。



★フォト575作品①

  嘘
  「冬近しつかねばならぬ嘘ひとつ」   春旭

 本当のことを言ったが為に、他者に迷惑がかかったり、嫌な思いや不幸を招くことがあります。そういう場合には、時に嘘も許されると思います。何しろ”嘘も方便”とお釈迦様もおっしゃったということですから。(本当かな?)
 どんな状況でどんな嘘かは、読み手の皆さんそれぞれのご想像にお任せしますが、相手を思い遣ったものとして捉えて下さると幸いです。
 写真の影の胸の辺りにある果実は、花梨です。これをそのまま食べても、硬く苦味もありとても美味しくは食べられません。シロップや蜂蜜漬けなどにして、甘く柔らかく煮たりすると美味しく食べられ身体にも良いそうです。
 句の嘘と写真の花梨の不即不離、ご理解頂けたでしょうか?
 この作品に、板見先生貴重な一票をありがとうございました。




 ★フォト575作品②

  臓器提供
  「人は死で終わるにあらず返り花」  春旭

 「人は死んでしまえば、一巻の終りだよ」と言いますが、本当にそうでしょうか。中には、自分の死後に臓器提供の意志を持っておられる方がいらっしゃいます。そういう方は、写真に写っている「臓器提供意思表示カード」をお持ちで、家族にも常日頃からその旨を遺言の様に言われているそうです。
 自分の死後も、何かの臓器がそれを必要とされている方の役に立って生き続けて行く。一つだけでなく複数の臓器が役立つとすれば、日本の何処かだけでなく世界の何処かでも、人は死後も生き続けていくことになりますね。
 写真は、臓器提供に関するパンフレットの記事を切り抜き、以前撮ったタンポポの写真と重ねて作品としました。季語の「返り花」は、梅や桜や躑躅で詠まれることが多いでしょうが、冠毛が各地に四散するそのイメージであえてタンポポを選択しました。
 この作品に、幸恵さん、笑子さん貴重な一票をありがとうございました。



 本年中は、皆様には何かとお世話になりました。
 来年もよろしくお願い申し上げます。
 良いお年をお迎え下さい。

 なお、喪中につき新年のご挨拶は失礼させていただきます。

Tag:例会  comment:4 

Comment

みすず URL|
#- 2019.12.23 Mon21:08
春旭さん

具合でもお悪いのかな~と案じておりました~っ(^▽^笑)

花梨のお写真を見て思い出しました、何十年か前、花梨を頂いたのですが
林檎のようにそのまま食べられるのかと思っていました・・
包丁で切ろうとしたら硬くて刃が立たない、義母に聞いたらこれはその
ままでは食べられないのではちみつ漬けにしたら、と言われ必死で細かく
切って大きな瓶に詰め蜂蜜をドバドバ入れて冷蔵庫に・・・
一ケ月ほどで水分が出てきて、なめたらすごく美味しい、義母に持って
行ったら喉にいいのよ、って、気管の悪い私は早速喉に流し込んで愛用して
いました、お陰で薬では効果のなかった咳が間遠になりました、花梨恐るべし・・・
今もお店で見かけると購入して漬け込みます。

臓器提供ですが提供できる臓器は老化してしまって使えないと思いカードは
持っていません、でも使えるものがあったら何でも使ってほしいという思い
はあります。
春旭 URL|
#- 2019.12.24 Tue12:30
 みすずさん、コメントをありがとうございました。
 ご心配をおかけしたようですね。あれ以来体調の方は、すっかり元に戻りました。2月例会に提出しても良さそうな作品を、もうすでに作りました。飛ばしてますよ~!(笑)

 花梨は、喉にいい漢方薬として有名ですよね。カリンのど飴というのも売っていますが、こっちの効能はどうでしょう?やっぱり、実物の方が効き目がありそうです。みすずさんも大事な時期ですから、喉の予防にはくれぐれもご注意をなさって下さい。

 臓器提供は、使用期限や使用制限がありそうですね。こっちがその気でも、先方から断られたりして。「あなたのは年齢だけでなく、腹が黒くてどの臓器も使えません」なんて言われたらショックです(笑)。
 話は飛びますが、遺体を医科大学に献体すると、葬儀費用としていくばくかの礼金が出るそうです。自分が死んだ後のこととは言え、家族にそんな胸算用をされたらブラックジョークさながら、とても成仏できませんな(汗?涙?笑?)
たんと URL|
#/LMPCG5A Edit  2019.12.31 Tue16:38
いよいよ押し詰まって今年もあと〇時間と時を刻むほどになってきました。
春旭さんには拙ブログの駄句に毎月丁寧にお目を通していただき
そのうえ気の利いた句評まで頂戴し感謝申し上げます。
「社会鍋」という季語、かつて私は使ったことないのに気付きました。
ひところは駅前広場などで良く見かけていた歳末風景だったように
記憶してますが…。
「10円玉」は「篤い」価値があります。
「10円に泣く」ということもありますからねぇ。
佳い年をお迎えください♪
春旭 URL|
#- 2019.12.31 Tue17:36
 たんとさん、毎月末コメントをありがとうございます。
 また、恒例になって来たネットフォト句会にも、飛び入り選句をして頂きまして感謝申し上げます。
 「社会鍋」は、ほとんど見かけなくなりました。「社会鍋」の言葉自体がもう通用しませんね。我がフォト句会でも、知らない世代がいます。軍服姿云々という説明をしたら、傷痍軍人と勘違いされてしまいました(笑)。
 「傷痍軍人」、これも古いな~!もう社会鍋よりも見かけない。でも、どこか懐かしく、何故かノスタル爺の涙腺が弛みます。

 今年もお世話になりました
 来年もよろしくお願い申し上げます
 よいお年をお迎え下さい
 
 
comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
旬の花時計 V2
カウンター
プロフィール

銀座フォト575

Author:銀座フォト575
偶数月 第3日曜日 京橋区民館
写真に575を詠んで楽しむ会です

検索フォーム
QRコード
QR