FC2ブログ

第7回ネットフォト句会

歯刷子(はぶらし)の二本に戻り松明ける

Tag:未分類  comment:9 

Comment

春旭 URL|
#- 2020.01.21 Tue15:28
 春旭選: 正月に遠方に住んでいる息子や娘が、それぞれの連合いや孫たちを引き連れて実家に帰って来た。普段あまり会う機会もないので、爺婆は大張り切り。
 それが一転、松が明けそれらが帰ってしまうと、正月の喧騒が嘘のようにまた爺婆二人だけの静かな日常が戻って来た、でもなぁ・・・という句なのだろう。
 歯ブラシが2本に戻ったという措辞だけで、見事にそれを表現している。
 
 写真も句にベタ付きにならず、シュロの木2本を歯ブラシに見立てて、しかも些か毛先のくたびれた感じまで表現されていて秀逸。
 あえて画面上部を空けて仄明るい曇り空を多く取り入れた構図は、接待から解放されてホッとしたものの、何処か一抹の寂しさを覚える爺婆の心境をそれとなく表現していて心憎いほど巧みだと思う。
船橋 URL|
#- 2020.01.25 Sat18:25
「この句」と「この写真」、お互いの良さを十二分に高め合っていて、大好きな作品です。
私にとっては「これぞフォト575だ」と参考にしたいです。
幸恵 URL|
#St4TUToA Edit  2020.01.27 Mon09:50
幸恵選
歯ブラシに見立てた?二本の木と句が相まって、ユーモラスな写真俳句だと思いました。賑やかな一団が去った後の寂しさとヤレヤレ感に共感です。
川崎 URL|
#A.uUbU0s Edit  2020.01.27 Mon20:38
川崎選
ハブラシが2本残ったということは
その前はいくつものハブラシの存在があったということ
何かが終わったという安堵と少しの淋しさが漂う秀作
その余韻が的確である
笑子 URL|
#A.uUbU0s Edit  2020.01.27 Mon20:55
笑子選

わかります~~~
わが家の場合、普段2人と1匹ですが
2日は8人でした
家がせまっ!って感じで、
食事の支度も慌ただしくて
でもその狭さも忙しさもやっぱり嬉しい
日常が戻ってやっぱりちょっと寂しい思いがありました
悳子 URL|
#- 2020.01.28 Tue01:18
悳子選:

我が家も二日は八名が集合。てんてこ舞いの非日常な時を過ごし
また元の二人の生活に。

安堵感と開放感、そして一抹の寂しさ。
シンプルな背景とブラシに見立てた木?この一枚の作品が
その時の心境を雄弁に物語ってくれています。
たんと URL|
#/LMPCG5A Edit  2020.01.31 Fri18:01
たんと選:歯ブラシの数もタオルの数も賑やかだった松の内の洗面場。松が明けた途端に再び元の姿に戻って寂しくなりました。二本の歯ブラシがホッとしたような気分で向き合っています。またいつもの二人だけの生活、これもまた良しと慰め合っています♪
耕人 URL|
#- 2020.02.02 Sun10:49
票を頂いた皆さま、それぞれに深い解釈を賜り、ありがとうございました。作者は耕人でした。
歯ブラシの本数による家族構成の比喩は他にも類句がありそうなので、それだけに写真をうんと離してみました。
だいぶ前に富山県氷見で撮ったものです。太陽の光茫を飛行機雲がかすめ、良いアクセントになってくれました。
このライフステージを迎えると、いつまでも歯ブラシ2本のままであって欲しいな、とシミジミ思う今日この頃(たぶん敵も…?・笑)。

春旭 URL|
#- 2020.02.02 Sun19:01
 耕人さんの作品でしたか。
 年末年始は大賑わいだった様で、お疲れ様でした。
 我が家の歯ブラシは、1本減ったままでした。どうも、増えそうにありませんな(笑)。
 いつまでも歯ブラシ2本のままでというお気持ち、よく分かります。
comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
旬の花時計 V2
カウンター
プロフィール

銀座フォト575

Author:銀座フォト575
偶数月 第3日曜日 京橋区民館
写真に575を詠んで楽しむ会です

検索フォーム
QRコード
QR