FC2ブログ

2月NET例会 俳句部門

皆様 今日は。

今年初めての例会でしたが、新型コロナウイルスの流行の兆しがあり、2月例会はNET例会に切り替えました。

既に皆様から頂いていた兼題句(早春雑詠)をアップしましたので、下記の要領でコメント欄にて選句・句評等をお願いいたします。

【選句】 期間 2月16日から2月22日  
      特選1句、並選1句を選句のうえ 、コメントタイトル欄に選者名を、コメント本文欄に、特選か並選か、句番号、句、句評
     をお書きください。
     例: 『タイトル欄』 2月NET句会 ふらり選
        『本文欄』 特選 3番 白き皿に絵の具を溶けば春浅し
                   上6でリズム感に欠けるが、白き皿に溶けて広がる彩が、早春の殺風景な野に、次第に花の色が
                  広がってゆく様子を思わせ、春浅しの季語とぴったりである。
               並選 7番 一を知って二を知らぬなり卒業す
                    卒業といえば、全課程を修了したものと思うが、そうではなく知れたのはほんの一部だけである
                    というのか、ちょっと引いて見ている逆転の発想が面白い。
【コメント】期間 2月23日から2月29日の間
      作者の方は、作意や句の解説などをお書きください。
      選者の方も、次点句や気になった句へのコメント、あるいは作者の作意や解説に対する質問やコメントを、この期間に
      お書きください。
       例: 2番 喪の家の庭に光れり福寿草
          作者はふらりでした。
          この句の季語は福寿草で、歳時記的には新年の季語となっていますが、実際には路地植えのものは今頃に咲き
          ます。また、喪と福寿というのは合わないように思いますが、高齢者の介護を重ねてきたものには、悲しみと同時
          に、ある種の安堵感や先の見通しに対する光明的な気持ちもあるのではと、詠んででみました。

NET句会は投句していない方の選句やコメントも大歓迎ですので、奮ってご参加ください。

NET句会の取りまとめと、2月NETフォト句会は、追って春旭さんからお知らせいただきますので、宜しくお願い致します。

【2月NET句会兼題句】 兼題:早春雑詠

E71A96C4-0525-4167-8E34-18738D3ADDCF.jpeg


以上 ふらり 記

Tag:例会  comment:28 

Comment

春旭 URL|2月ネット句会  春旭選
#- 2020.02.17 Mon19:13
 ふらりさん、俳句部門の一覧表のアップありがとうございました。
 昨年に引き続いて、2月の例会は何故かツイていませんね。
 せめて、ネット上でも盛り上げましょう。

> 春旭選

 特選
  5番 立春の煉切ふはと口に溶け
   *立春と煉切が響き合っている。尚且つ「ふは」という表現が、口の中に広がって行く甘さだけでなく、何処かで生まれているだろう小さな春を連想させて効いている。

 並選
 10番 春ショール一つ加えて旅鞄
    *春の到来と共に湧き起こる旅心。今年はどんな旅になるのだろうと、心を弾ませる作者。春ショールを加えたという措辞で、それが読み手の心にまで伝わって来る。その春ショールは、パステルカラーなのだろうと想像する。早春の明るさを、色と旅心で詠んだ作者(恐らく女性)巧みですね~。
   
ミズキ URL|
#- 2020.02.18 Tue12:41
 ミズキ選

 特選 8番  白杖の道打つ音や春近し
 フォト575というと視覚で感じる部分が多いですが、今回は白杖が道を打つ音が聞こえて来るような、今までにない感覚を味わえました。そこから、目の不自由な方が、暖かな陽気と鳥のさえずりなどの春を感じている様を想像出来ました。聴覚で魅せるフォト575、感服いたしました!

 並選 1番  人消えし銀座の路地に猫の恋
 こちらも思わずほっこりしてしまう作品で票を投じました。
 人々がまだ眠っている早朝に2匹の猫が大きな銀座を二人占めして、デートを楽しんでいる様子が目に浮かびました。もし、私がそんな光景を目にしたら、「お邪魔してごめんね」とそっとその場を離れるでしょう(笑)
千賀子 URL|
#St4TUToA Edit  2020.02.19 Wed10:54
皆様いつもお世話になっております。
コロナウィルス騒動に戦々恐々としておりますが
なるべく平常心を持ちながら、自分ができることに努めたいと思います。
手洗い念入りで、かさかさ感倍増です(笑)
さて、

特選
   3  春立つや風の岬の乱反射

風の岬、とはなんて素敵な表現でしょう!
春先の岬は風もまだ強く、冬の様相を残しながらも
光が乱反射する光景は春の訪れを告げています。
確実に喜びを含みながら。
記憶の中の景が大きく広がっていくのを感じます。
写生は大体報告になってしまう私には
このように捉えていきたいと思わせてくださる句です。

並選
   7  ほろほろとささやく如く木の芽吹く

とてもお優しい作者ではないでしょうか。
可愛い、とか、確かな、とか表現は目にしても
ささやく、との表現は感性豊かですね。
植物の芽の命の尊さを感じさせてくれます。
2月ネット句会  みすず URL|
#- 2020.02.19 Wed20:47
今回の句会はお休みにして正解でしたね~、決断に感謝致します。
私も行くのを少し躊躇っておりました、あまり電車やタクシーを
利用しないので、中止のお知らせでほっとしました。
4月にはコロナも収まって、皆さんにお会いできるといいですね~!

みすず選

 特選  
  
  5番  立春の練切ふはと口に溶け

  初釜での情景が蘇ってきました、美味しい練切を楽しみに
  お茶をやっているのよね~・・と仲間達と話したことも。

 並選

  11番  固唾呑み合否確認寒明ける

  「開」は間違いでしょうね。

  お孫さんの試験結果でも待っておられたのでしょうか、「固唾呑み」
  が緊迫感を漂わせて・・でも寒明けできっと桜が咲いたんでしょうね。
  これも自分の実体験で頷く作品でした。  
ふらり URL|間違い訂正
#- 2020.02.20 Thu00:40
11番の揚げ句に転記ミスがありましたので、訂正しました。
失礼しました。
幸恵 URL|
#St4TUToA Edit  2020.02.20 Thu19:42
 コロナウイルス騒ぎ、治まるどころか益々拡大の気配で落ち着きませんね。2月の例会及びお楽しみの佐原行きもお流れになってしまいましたが、それぞれ段取りやらキャンセルやらとお世話になりました。

 さて、幸恵選ですが
  特選は3番 「春立つや風の岬の乱反射」 
  並選は8番 「白杖の道打つ音や春近し」
 でお願いします。

 どちらも春の喜びが感じられ、明るい未来まで予感させるようです。不穏な気配ただようこの頃ですが巡りくる季節に希望を持ちたいものですね。
船橋 URL|
#- 2020.02.20 Thu23:47
特選 10番 春ショール一つ加えて旅鞄
   軽やかで、旅行に出かける楽しい気持ちが伝わってきます。
   男の場合はどのように詠むのでしょうかね?

並選 4番  床の間にテレビの来た日春立ちぬ 
   その昔、我が家に初めてテレビが来た時を懐かしく思い出しました。
   狭い部屋に、近所の人々も集まってきて大騒ぎでした。
   「春立ちぬ」がピッタリです。
ふらり URL|
#- 2020.02.21 Fri07:57
特選 3 春立つや風の岬の乱反射
     乱反射と言う一見、俳句に似合わない様な言葉が、風の岬とい
     う素敵な措辞で、それこそ命を吹き込まれ、春風の細波で沖が
     キラキラ光って居る光景がめにうかび、季語も含め早春にぴっ
     たりのスケールの大きな句だと思います。

並線 10 春ショール一つ加えて旅鞄
     こちらは逆に、春ショールという言葉一つで、旅に出るウキウ
     キ感、ちょっとお洒落を楽しむ気持ちなどを詠みこんだ、とて
     も素敵な早春の句だと思います。
     特選と変わらぬ素敵な作品だと思いますが、並線にしたのは単
     に私の好みのもんだいです。
      
悳子 URL|
#- 2020.02.21 Fri20:34
悳子選

特選 3 春立つや風の岬の乱反射
     穏やかな春の気配が感じられます。
     乱反射による風、波、光の煌めき…。
     またその情景のすべてを実体験として感じ取ることが出来ました。

並選 1 人消えし銀座の路地の猫の恋
     立ち並ぶ老舗デパート、高級ブランド店…トレンドな街の銀座。
     そこに思いがけず猫ちゃんの登場!銀座と言っても裏通りには、
     確かに古い民家もあります。猫ちゃんも銀ブラを楽しみ
     ♪銀座のの恋の物語~♪ありえますね。


コロナウイルスまだまだ危機感を持って対処するようにと報じられています。
子供さんにまで感染とは。お互いに用心に努めましょう!

           
川崎 URL|
#A.uUbU0s Edit  2020.02.21 Fri20:40
川崎選

特選3 春立つや風の岬の乱反射
  
    場所の設定が的確である
    映像としてこころに入ってくる

並選5 立春の煉切ふはと口に溶け

    春を感じた
    しかも自分の五感を通して
笑子 URL
#A.uUbU0s Edit  2020.02.21 Fri21:06
笑子選

特選12 奉納の桴音天へ春動く
     
    奉納太鼓の威勢のいい音と激しいリズム感と
   「春動く」という躍動的な季語がしっくりきて
    とても良いと俳句と感じました

並選9  封印の記憶ちくりと冴返る

     忘れたくて封印してきた思いが時にふわっと
     脳裏に蘇るときがあります(+_+)
     心の中に湧く冷っとした感情は
     「冴返る」という季語に重なっていると感じました

この度の新型肺炎の感染の広がり、大変な事態になってしまいました
様々なイベントも中止延期になっています
田舎にいても、底知れぬ恐怖感があって、日に何度も手洗いして
手荒れが酷い春となりました
私は重症の花粉症なのですが買い置きのマスクを大事に使う日々
いつになったらマスクが安定供給されるのでしょうか
ひたすらに終息を祈る思いで日々暮らしています
舜水 URL|
#- 2020.02.21 Fri23:02
舜水 選

特選 7番「ほろほろとささやくごとく木の芽吹く」

      この芽吹くを「ほろほろとささやくごとく」ととらえた感受
性に脱帽しました。

並選  11番「固唾呑み合否確認寒明ける」

      60数年前の自分の青春が蘇り、うれしくなった俳句です。
ふらり URL|人消えし銀座の路地に猫の恋
#- 2020.02.23 Sun00:21
1番 人消えし銀座の路地に猫の恋

作者はふらり でした。

ミズキさん、悳子さん、貴重な一票有難うございました。
今回の兼題は早春雑詠でしたが、いわゆる時候の季語でなく作って見よう思っていたら、猫の恋が2月の季語として載っていたので使ってみました。
新型コロナウィルス騒ぎで、銀座もめっきり人が減り、路地裏では猫達がどら声で真昼の決闘をし、勝った物は銀恋唄い昼下りの情事をのうのうと楽しんでいるのでしょうか。
春旭 URL|
#- 2020.02.23 Sun11:17
 4番 床の間にテレビの来た日春立ちぬ
 作者は春旭でした。 船橋さん、貴重な一票をありがとうございました。

 テレビの来た日の感動を覚えているのは、我が銀座フォト句会でも恐らく耕人さんぐらいまででしょう。それよりも若いメンバー、千賀子さん、笑子さん、川崎さん(どうかな?)、ましてミズキなどは物心がついた時にはもうテレビがあって当たり前の世代でしょうな。
 私の家のテレビは、祖父が新し物好きで昭和33年の立春ごろの季節にやって来ました。恐らく力道山のプロレスが観たかったんだろうと思います。
 当時のお金で相当したんだろうな?やはり、我が家でもテレビは床の間に設置されました。それぐらい、超高級品扱いだった。
 船橋さんがおっしゃった様に、それを家族だけでなく、隣近所からもぞろぞろ見物人が多く来て、テレビという新しい娯楽を夢中になって観ていました。
 そのテレビが来た日から、暗い冬を抜けて明るい春の光が差し込んで来る様な雰囲気を、子供心にも感じました。
 
 みすず URL|
#- 2020.02.23 Sun18:06
7番  ほろほろとささやく如く木の芽吹く

作者はみすずです。

我が狭庭の情景を詠んでみました。

冬枯れの黒と枯れ色の寂しい庭にもようやく春の芽吹きが訪れてき
ました、カエデ、梅、桜、など・・・
暖かくなってきて庭に出る機会が多くなってきて、何気なく見渡す
といつの間にか小さな芽があちらこちらから覗いています、ささやく
如くひっそりと・・・

千賀子さん、舜水さん、貴重な一票をありがとう!
幸恵 URL|
#St4TUToA Edit  2020.02.26 Wed09:16
10番 春ショール一つ加えて旅鞄

作者は幸恵でした。
春旭様、耕人様、ふらり様、船橋様、貴重な一票を有り難うございました。と、ここで気付いたのが選んでくださったのは皆様男性!春ショールの似合う嫋やかな女性をイメージして選句してくださったのかと…。作者の種明かしは置いといて、春ショールを軽やかになびかせてルンルンと出かけられる日が早く来ますように。どちら様もご自愛くださいませ~。
千賀子 URL|
#St4TUToA Edit  2020.02.26 Wed13:07
8  白杖の道打つ音や春近し

作者は千賀子です。

駅の階段からリズミカルな音
白杖を段に打ち付け下りていらっしゃる
数を数えているみたい
それにしても早い
エレベーターより慣れているのかしら
凄いこと
スイスイと身を交わして
ここまでに大変な思いをなさったのだろうな
白い杖が自分の目となり手足となるまでに

バリアフリー化されつつあるという施設や道路も
まだまだ危険がいっぱい

しかしそんなことに臆してはいられない
しっかり自分の今できることをやっていく

そんな勇気を感じた光景を句にしてみました。
選んでくださった皆様ありがとうございました。
ミズキ URL|
#- 2020.02.26 Wed19:12
11番 固唾呑み合否確認寒明ける

作者はミズキでした。
もう20年も前になりますが、高校受験の合格発表の時の光景を詠みました。受験勉強に追われていた日々が、合格によりやっと終わるのという想いと、長い冬が明け、暖かい春がやって来るという状況が似ていると思い、句にしたためてみました。掲示板に自分の受験番号があるか、見つけるまでは、ハラハラ、ドキドキで、見つけた瞬間ホッとしたのを今でも覚えています。
ちなみに大学受験の時は、何とパソコン上で合否を確認しました。高校受験の時より少し味気なかった気がしますが、時代は変わっていくのだなと思いました。今はスマホで確認かもですね(笑)
この句にみすずさん、舜水さん、貴重な1票をありがとうございました。
ふらり URL|
#- 2020.02.26 Wed22:33
千賀子さんの

白杖の道打つ音や春近し

とても素敵な句で、最後まで捨てるに惜しいと迷いました。
最後に選にしなかたのは、敢えて言えば上五中七の流れがとても素晴らしいので、そのために下五の季語が春近し出なくても合いそうな気がしたためでした。勿論、春近しが合わないというのではなく。
と言うことですが、本当は春ショールに男心が揺れたせいかもしれませね。
でも、素敵な作品でした。
悳子 URL|
#- 2020.02.27 Thu00:40
12番 奉納の桴音天へ春動く

笑子さん、貴重な票をありがとうございました。
作者は悳子です。

梅の咲き始めた湯島天満宮での光景です。
節分会でしたが響く白梅太鼓のバチ音が東帝に届き
明るい希望の春の到来!
それを感じて早春の句にしたかったのですが、、。

現実は新型コロナウィルス騒動。
東帝さま、しっかり目覚めて下さいましな。ドンドンドン!

どうぞ皆様もご自愛下さいます様に。
耕人 URL|
#- 2020.02.27 Thu10:38
6番:災ひも幸も見えざる春隣

作者は耕人でした。選・文を記入する場所も間違えてましたね(笑)。すみません!
新年早々、予想もしなかった不幸に見舞われ、世の不条理に思わず口を突いて出てきた句です。当然、練れておらず“物”も見えない観念的な句になって大反省。山頭火の言うところの“深呼吸のような”俳句は、なかなか出来ないものですねー。
幸恵さん、千賀子さん、絶好調! 感心しました。
千賀子 URL|
#St4TUToA Edit  2020.02.27 Thu13:09
千賀子です。ふらりさん、貴重なご意見有難うございます。

いつも安易な季語選びをしてしまい、イメージが小さくなって
しまうのが私の欠点でもありました。
推敲が足りないのですが、それより季語を
よく勉強していない故でしょう。

少し考えてみました。ご意見お待ちしています。

  白杖の道打つ音やミモザ咲く
ふらり URL|
#- 2020.02.27 Thu17:52
好みの問題かもしれませんが、
私はこの
  白杖の道打つ音やミモザ咲く
の方が好きですね。
船橋 URL|
#- 2020.02.27 Thu18:47
13番 春風に三味の音のせて神楽坂

の作者は船橋でした。

神楽坂は私の好きな写真散歩コースのひとつです。
どの季節でもどんな天気でも、それぞれの良さがあって、撮影を楽しめます。
洒落た路地、板塀、散歩する人、猫、お祭り・・・。
しかし、傑作写真は・・・、残念ながら・・・。
笑子 URL
#A.uUbU0s Edit  2020.02.28 Fri22:10
5番 立春の煉切ふはと口に溶け

作者は笑子でした
春旭さん、みずずさん、貴重な1票をありがとうございました

町内の和菓子屋さんへ季節ごとの和菓子を買いに行くのが
楽しみな私
特に春のお菓子は見た目も愛らしく口の中にふわっと広がる甘さも
五感に春を感じられるひとときです(*^-^*)
川崎 URL|
#A.uUbU0s Edit  2020.02.28 Fri22:12
9番 封印の記憶ちくりと冴返る

作者は川崎です
何だか、過去の記憶の中にこのようなことってありそう
蓋をしたいのに、ふと夢に出てきたりして。。。。
冴返るという季語と重ねてみました
ふらり URL|
#- 2020.03.01 Sun06:18
2番 三回忌亡妻の陽炎灯がゆらり

作者は舜水さんでした。
ふらり URL|
#- 2020.03.01 Sun06:21
3番 春立つや風の岬の乱反射

作者は中村さんでした。
comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
旬の花時計 V2
カウンター
プロフィール

銀座フォト575

Author:銀座フォト575
偶数月 第3日曜日 京橋区民館
写真に575を詠んで楽しむ会です

検索フォーム
QRコード
QR