FC2ブログ

第9回ネットフォト句会作品

かあさまが たにんにみへて しめいわひ

母様が他人に見へて七五三祝(しめいわひ)

Tag:未分類  comment:5 

Comment

船橋 URL|
#- 2020.05.20 Wed18:25
この写真にこの句!!! 昔々の母を・照れていた自分を・思い出して・・・迷わず一票です。
画面の切り取り方も…今後の参考にしたいです。
私が小学生の時だけでなく、中学生になってからも、母は学校行事に一緒に行きたがりました。
 母も自分の子供時代を懐かしんでいたのかも知れません。
みすず URL|
#- 2020.05.24 Sun22:49
みすず選

20年ほど前までは753の子供よりも母親のお支度で忙しい一日でした、今のお母さんは着物を着なくなりました、家の娘たちも折角私が用意したのに洋服で・・と、そういえば上の孫も着物を着せようとすると嫌がって、写真館でお姫様のようなドレスを試着したのでそれを着ると泣いて結局着ないで終わりました、3歳の時でした、そのあと下の孫が3歳の時上の子は7歳、この時は3歳のころのことを覚えていたらしく「ば~ば、ちゃんと着物を着るからね」ってしっかり着て写真を撮りました、一応礼儀は心得ているようで愛しくなったことを思い出させてくれた作品でした。
耕人 URL|
#- 2020.06.03 Wed18:09
船橋さん、みすずさん、ありがとうございました。
作者は耕人でした。

この写真、だいぶ前に静岡の方で撮った七五三の光景です。木造校舎での入学式のようにも見えるかもしれないけれど、由緒ある古い神社の廊下でお母さんと子供が祝詞か何かを待っているところをスナップ。

男の子というのは何故かこういうとき着飾った綺麗なお母さんといるのがわけもなく恥ずかしいと見え、そっぽを向いたり窓の外を眺めてみたり…。自分にも似たような経験があったので、こんな句が付きました。

季節を問わない、との話だったので秋の作品になりましたが、やはり春の題材で作るべきでしたね。
春旭 URL|
#- 2020.06.03 Wed18:38
 耕人さん、絶妙な切り取りのお写真ですね。
 母親の顔は完全にカットされているから、着物のイメージだけでその顔立ちを想像させ、子供の顔は上半分を見せちょっと大人し気で将来マザコンになりそうな想像をさせる。憎いぐらいのテクニックに脱帽です。
 ただ、この句に対して写真の子供の関心が母親よりも窓の外にあるように見える気がしました。
耕人 URL|
#- 2020.06.03 Wed23:44
そりゃあ、着飾った母親に男の子は関心なんぞありゃしません。船橋さんも仰有ったように“照れ”があったり眩しすぎたりして、他人のように装うのが、ガキであっても男の流儀だったように僕は覚えています。
だから、あえて窓の外を無心に眺めている少年の眼差しに心惹かれたのですね。
この男の子はたぶんいま立派に成長し、母親思いの良い少年になっていることを願いつつ…。
comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
旬の花時計 V2
カウンター
プロフィール

銀座フォト575

Author:銀座フォト575
偶数月 第3日曜日 京橋区民館
写真に575を詠んで楽しむ会です

検索フォーム
QRコード
QR