FC2ブログ

今回俳句の作品化   春旭

夜行便
 10月例会の俳句
 「秋深し思慕載せきれぬ夜行便」   春旭
 浩助さん、ふらりさん貴重な一票をありがとうございました。
 
 これに、写真を付けてみました。
 狙いとしては北へ行く雰囲気を出したくて、夜行寝台列車「北斗星」を被写体にしようと考えました。
 近くの人気も無い踏切でスタンバイしていたのですが、前もって綿密に時刻表を調べておかなかったことが祟り、
 無念にも撮り逸れてしまいました。仕方なく、普通電車をぶらして撮って代用となりました。
 皆さん、「北斗星」だと想像なさってご笑覧下さい。

 典型的なベタ付き先句後写になりましたが、皆さんもやってみられたらいかがでしょう?

Tag:未分類  comment:2 

Comment

ふらり URL|
#- 2014.10.14 Tue22:12
春旭さん

俳句の部でいただいた句ですが、ここでは写真俳句として登場ですですね。
当然、北へ行く列車ですよね。
北斗星でなくても、此れでも十分の雰囲気が出ていますよ。
春旭 URL|
#- 2014.10.14 Tue23:16
 ふらりさん、これでも多少雰囲気が出ていましたか?ありがとうございます。長時間粘った甲斐がありました。
 この作品にはフォト575のテーストも少々混ぜてあります。
 どこがそうかと言うと、未練を残しながらも北へと去って行く主人公に対して、残される側の男あるいは女が「行かないで」と叫ぶその声を、警報機と矢印で表現したつもりです。ちょっとけれん味が強かったかも知れません。(反省)
comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
旬の花時計 V2
カウンター
プロフィール

銀座フォト575

Author:銀座フォト575
偶数月 第3日曜日 京橋区民館
写真に575を詠んで楽しむ会です

検索フォーム
QRコード
QR